リップル(XRP)を安全に保管!おすすめのウォレットはどれ?

 

仮想通貨の資産を管理していく上で、ウォレットに仮想通貨を保管しておくことは必須です。

 

コインチェックでの盗難もありましたし、自分で保管をしていくことがこれからは重要となってきます。

 

リップル(XRP)を持っている方も、盗まれないようにウォレットで管理していくようにした方が良いですね。

 

そこで、リップル(XRP)を安全に保管するにはどのウォレットが良いのかおすすめをご紹介したいと思います。

 

取引所のウォレットに預けたままにしてはいけない

 

まず、最初に言っておきたいのは取引所のウォレットに預けたままにしておかないことです。

 

コインチェックのNEM盗難事件で改めて分かったように、取引所に預けたままにしておくと、自分の仮想通貨が紛失・盗難するリスクがあります。

 

「コインチェックに入れっぱなしで大丈夫でしょ~」と安心しきっていた人がみんな被害にあっていますからね。

 

取引所に預けたままの方が便利ではありますが、盗難のリスクを避けるためにも取引所のウォレットだけで保管しておくのはやめておいた方がいいでしょう。

 

オンライン上で保管するウォレットはおすすめできない

 

取引所ではなく、自分用のウォレットで保管する方が安全です。

 

しかし、ウォレットと一口に言っても様々な種類があります。

 

ざっくり大きく分けると、オンライン上で管理するウォレットとオフラインで管理をするウォレットがあります。

 

個人的には、オンライン上のウォレットはおすすめできません。

 

コインチェックで盗難された原因も、オンライン上でネットに繋がった状態で仮想通貨を保管していたために多額の仮想通貨が盗まれてしまったからです。

 

ネットに繋がっているということは、ハッキングをされる可能性も高いということですので、安全性としては欠けているんです。

 

もちろん、すぐに仮想通貨の送金ができたりと利便性は高いですが、ハッキングのリスクと常に隣り合わせということは念頭に置いておかなければなりませんね。

 

リップルを安全に保管するならハードウェアウォレット

 

リップル(XRP)を保管するなら、オンラインのウォレットよりもオフラインで管理できるハードウェアウォレットが一番おすすめです。

 

USBのようなものにリップルを移して、オフラインで保管ができるためハッキングの心配もありません。

 

大事な資産を守っていくなら、ハードウェアウォレットは持っておいた方がいいです。

 

リップルに対応しているハードウェアウォレットで代表的なものはトレザーナノSです。

 

仮想通貨をやっている人でトレザーナノSを使っている方は多いですね。

 

私もトレザーナノSに仮想通貨を移して保管をしています。

 

コインチェックの盗難事件のこともありますし、これからはハードウェアウォレットで保管していくのが安全面においてもやっていた方がいいかなと思います。

 

単なる相場の下落ならまだしも、全部盗まれたりでもしたらたまったものじゃないですからね・・・

 

それなりの金額のリップル(XRP)を持っている方は、尚更ハードウェアウォレットに移しておくのがおすすめですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。