仮想通貨のウォレットを種類別に解説!おすすめはどれ?

 

仮想通貨を取引所に預けたままにしておくのではなく、

 

自分で管理したいという時は、

 

個人の「ウォレット」というものに保管することになります。

 

ウォレットはいわゆるお財布みたいなもので、ここに自分が保有している

 

仮想通貨を保管しておくことができます。

 

ウォレットといっても様々な種類があり、それぞれセキュリティ面や

 

便利性など特徴が変わってきます。

 

どんなタイプのウォレットがあり、どれが自分に適しているかを知るためにも

 

それぞれの特徴を解説していきたいと思います。

 

ウォレットの種類は大きく分けて4つ

 

仮想通貨を保管できるウォレットの種類は、

 

・PC上のウォレット(デスクトップ、クライアント、ソフトウェア)

・オンライン上のウォレット(オンライン、ウェブ)

・スマホ上のウォレット(モバイル)

・オフライン上のウォレット(コールド・ペーパー、ハードウェア)

 

この4つに大きく分けられます。

 

PC上のウォレット(デスクトップ、クライアント、ソフトウェア)

 

 

自分のPC内に専用のソフトウェアをダウンロードして、ローカルな

 

環境で仮想通貨を管理することができます。

 

大きく分けて、全てのブロックチェーンをダウンロードする「完全型」

 

一部のブロックチェーンだけをダウンロードする「簡易型」の2つのタイプがあります。

 

ネットに繋げないオフライン環境下のPCでも管理はできるため、

 

ウェブウォレットよりもセキュリティ面では高いと言われています。

 

ですが、PCが故障してしまったり、ネットに繋げているとハッキングされる

 

恐れもあり、その辺りは注意しましょう。

 

また、完全型の場合はブロックチェーンを全てダウンロードすると容量を食ってしまいますし、

 

初回は数日ダウンロードにかかってしまうこともあるなど、色々と設定が面倒である

 

というデメリットがあります。

 

オンライン上のウォレット(オンライン、ウェブ)

 

 

オンライン上にウォレットを作るウェブウォレットは口座開設や設定が簡単です。

 

取引所でもウェブウォレットを作成できますし、ウェブウォレットを提供している

 

サービスもあります。

 

Blockchain.infoなんかは日本語対応もしていて、日本人で使っている人は多いです。

 

ウェブウォレットはネット環境があればすぐにでも確認できるので便利性は

 

高いですが、セキュリティ面やリスクではデメリットが多いです。

 

インターネット上にあるウォレットということは誰かにハッキングされる

 

可能性も高いですし、大きな金額を管理するウォレットとしてはおすすめは

 

できませんね。

 

ウォレットの種類の中でもセキュリティ面で心配があるので、

 

もし使用するときは気をつけてください。

 

スマホ上のウォレット(モバイル)

 

 

iphoneやAndroidなどにダウンロードしたアプリで起動するウォレットです。

 

スマホで管理できるタイプのものなので、持ち運びができたりQRコードが

 

使えたりと利便性はウォレットの中でも高いと言えます。

 

ビットコインをお店で使う時なんかは使いやすいですね。

 

ただ、セキュリティ面では強くはないので、大きな金額を入れるのは

 

やめておきましょう。

 

少額程度であれば、まだ安心して保管はできると思います。

 

オフライン上のウォレット(コールド・ペーパー、ハードウェア)

 

仮想通貨を保管するウォレットの中でも一番安全性が高いのが、

 

オフラインで管理するウォレットです。

 

オフラインのウォレットはコールド(ペーパー)ウォレットと、

 

ハードウェアウォレットの2種類に分けられます。

 

コールドウォレット(ペーパーウォレット)

 

コールドウォレット、もしくはペーパーウォレットは紙に

 

アドレスと秘密鍵を印刷して、オフラインで管理するウォレットです。

 

インターネットに繋がっていない環境で仮想通貨を保管できるため、

 

セキュリティ面ではハードウェアウォレットと並んで一番高いです。

 

しかし、コールドウォレットのプログラ厶をPC上で作成している時に

 

オンラインだとハッキングをされる可能性もありえます。

 

完全に安全だとは言い切れはしませんが、オフラインにしてプログラムを

 

作成するなど、気をつけていれば安全性はとても高いです。

 

ただ、紙として管理することになるため、紛失したり秘密鍵が

 

読み取れないくらい破損してしまうこともあるため注意が必要ではあります。

 

ハードウォレット

 

 

専用の端末に仮想通貨をオフラインで保管することができるウォレットです。

 

オフライン環境下であるため、ハッキングの心配もないですし、

 

USBくらいの大きさなので持ち運びもしやすく利便性も高いです。

 

しかし、自分で管理するため他の種類のウォレット同様、

 

その分手間はかかりますし、端末が破損すると仮想通貨が

 

なくなってしまうことも考えられます。

 

それでも、少なくない金額を保管する上で、セキュリティ面を考えるなら

 

ハードウェアウォレットが一番使いやすく安全であると言えます。

 

長期的に仮想通貨を保管するのであれば、ハードウェアウォレットがおすすめです。

 

TREZORやLedgerNanoは愛用している人も多いハードウォレットです。

 

保管できる仮想通貨はそれぞれ違い全ての種類は無理ですが、

 

ビットコインやイーサリアムなど代表的な仮想通貨は保管できます。

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。