ホリエモンも勧める仮想通貨のトークンエコノミーとは何?

 

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨の市場規模も拡大してきており、

 

それと同時に「トークンエコノミー」という言葉もよく度々聞くようになってきました。

 

あの、ホリエモンこと堀江貴文氏もトークンエコノミーについてよく言及して勧めています。

 

でも、トークンエコノミーって何のこっちゃ?って思う方も多いと思うので、

 

簡単に解説していきますね。

 

トークンエコノミーとは何ぞや?

 

トークンエコノミーは定義がまだ曖昧ですが、

 

ざっくりと言ってしまえば、

 

「世の中の様々な物の権利や価値をトークン(証券化)して譲渡売買できる経済」のことです。

 

トークンとはいわゆる、「仮想証券」で株式のよう意味合いです。

 

企業や個人がオリジナルのトークン(仮想証券・コイン)を発行して、

 

それをやり取りする経済圏をトークンエコノミーといいます。

 

トークンで何ができるのか?

 

トークンはブロックチェーン上に誰でも発行することができ、

 

今のところ資金集めとして使われることが多いです。

 

誰でも発行することができるため、個人でも資金集めに使う

 

ことができるんです。

 

例えば、アイドルが人気のない時期にオリジナルのトークンを発行して

 

買ってもらえば、将来人気が出てそのトークン(コイン)の価値もあがり

 

それを売却して利益を得ることもできるし、アイドルのコンテンツと

 

交換することもできます。

 

まさに、個人に投資することができるわけです。

 

こういった個人がトークンを発行するのはまだほとんどいませんが、

 

組織・会社がトークンを発行して資金調達をするICOの

 

動きが日本で始まってきています。

 

日本初のICOプラットフォームが始動

 

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、会社や組織が

 

仮想通貨(トークン)を発行して、それを研究費や資金にするクラウドセールのことです。

 

日本ではICOを行うプラットフォームであるCOMSAが始動し、

 

60億円以上の資金を調達しています。

 

 

COMSAが手がけるICOはまだまだ少ないですが、

 

企業が独自の仮想通貨(トークン)を発行して、

 

資金調達をする時代もそう遠くないかもしれません。

 

ホリエモンもトークンエコノミーの時代を予測している

 

 

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。