ビットコインのSegwit2xのハードフォークが分裂中止・保留に

 

2017年11月16日に予定されていた、ビットコインと

 

Segwit2xのハードフォークが中止になったと発表がありました。

 

Segwit2xの分裂問題は以前から騒がれていて、

 

私も少し不安を感じていました。

 

このニュースがどのようにビットコインや仮想通貨市場に影響を

 

与えるのか注目ですね。

 

メディアでもSegwit2xの中止は取り上げられています

 

 

海外でも既にメディアで取り上げられていますが、

 

日本でも早速、日本経済新聞さんがSegwit2Xの分裂中止について

 

取り上げていました。

 

 

また、カウントダウンをしていたサイトでも、11月16日の

 

ビットコインのハードフォークが廃止になったとアナウンスしています。

 

Mike Belshe氏がSegwit2xの中止について言及

 

ブロックチェーンのセキュリティ会社「BitGO」のCEOである、

 

Mike Belshe氏がSegwit2xについて言及がされています。

 

The Segwit2x effort began in May with a simple purpose: to increase the
blocksize and improve Bitcoin scalability. At the time, the Bitcoin
community was in crisis after nearly 3 years of heavy debate, and consensus
for Segwit seemed like a distant mirage with only 30% support among miners.
Segwit2x found its first success in August, as it broke the deadlock and
quickly led to Segwit’s successful activation. Since that time, the team
shifted its efforts to phase two of the project – a 2MB blocksize increase.

Our goal has always been a smooth upgrade for Bitcoin. Although we
strongly believe in the need for a larger blocksize, there is something we
believe is even more important: keeping the community together.
Unfortunately, it is clear that we have not built sufficient consensus for
a clean blocksize upgrade at this time. Continuing on the current path
could divide the community and be a setback to Bitcoin’s growth. This was
never the goal of Segwit2x.

As fees rise on the blockchain, we believe it will eventually become
obvious that on-chain capacity increases are necessary. When that happens,
we hope the community will come together and find a solution, possibly with
a blocksize increase. Until then, we are suspending our plans for the
upcoming 2MB upgrade.

We want to thank everyone that contributed constructively to Segwit2x,
whether you were in favor or against. Your efforts are what makes Bitcoin
great. Bitcoin remains the greatest form of money mankind has ever seen,
and we remain dedicated to protecting and fostering its growth worldwide.

 

Mike Belshe, Wences Casares, Jihan Wu, Jeff Garzik, Peter Smith and Erik
Voorhees

 

【訳】

Segwit2xの取り組みは、ブロックサイズを増やし、Bitcoinのスケーラビリティを向上させるという簡単な目的で、5月に開始されました。当時、Bitcoin コミュニティは3年近くの重大な議論の末に危機に瀕していましたが、Segwitのコンセンサスは遠く離れた蜃気楼のように思えました。

 

Segwit2xは8月に最初の成功を収めました。デッドロックを解消し、すぐにSegwitの成功した活性化につながりました。その当時から、チームは2MBのブロックサイズの増加というプロジェクトのフェーズ2にその努力を移しました。

 

私たちの目標は常にBitcoinの円滑なアップグレードでした。

ブロックサイズを大きくする必要性を強く信じていますが、コミュニティを一緒に維持することがさらに重要と考えています。

 

残念ながら、この時点でクリーンブロックサイズのアップグレードに十分なコンセンサスを構築していないことは明らかです。現在の経路を継続することで、コミュニティが分割され、Bitcoinの成長に後退する可能性があります。これは決してSegwit2xの目標ではありませんでした。

 

ブロックチェーン上の料金が上昇するにつれて、チェーン連鎖容量の増加必要であることが最終的に明らかになると考えています。それが起こると、コミュニティーが集まり、おそらくブロックサイズの増加を伴う解決策を見つけることを願っています。それまでは、今後2MBのアップグレードを一時中止します。

 

Segwit2xに建設的に貢献した皆さんに感謝したいと思います。あなたの努力はBitcoinを作るものですすばらしいです。Bitcoinは今まで見た人類の中で最高の金銭形態であり、私たちは世界中でその成長を守り育てることに専念しています。

 

出典:https://lists.linuxfoundation.org/pipermail/bitcoin-segwit2x/2017-November/000685.html

 

 

Segwit2xには開発者が少なく、セキュリティ面など問題があったので、

 

同意も中々得られず、頓挫してしまったようですね。

 

しかし「we are suspending our plans for the

upcoming 2MB upgrade.」とあるように、

 

いずれブロックの容量の問題がまた出てきたら、Segwit2xは必要に

 

なるし、その時までSegwit2Xは一時中止にします的なことを言っています。

 

つまり、完全にハードフォークの計画を廃止するというよりも、

 

保留・延期をする姿勢のようですね。

 

今後またSegirw2xに分裂しますみたいなことが再びアナウンス

 

される可能性もあります。

 

ビットコイン2X(BT2)の先物が暴落過ぎてやばい

 

 

Segwit2xの中止が発表されて、

 

ビットコイン2X(BT2)の先物の暴落がとんでもないことになっています。

 

1BT2=約900ドルだったのが、一瞬にして100ドル近くにも

 

下落しています。

 

これはBT2に大金を投じていた人は・・・

 

ビットコイン自体の価格にはまだ大きな影響は現れていませんが、

 

今度どうなっていくのかが楽しみですね。

 

Segwit2xという不安材料がなくなったので、

 

ビットコインに良い影響が出るのを期待します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。