リップルコイン(XRP)とは?仕組みを分かりやすく解説!

 

時価総額3位の仮想通貨である、リップル。

 

一時期、高騰して莫大な利益を得た方もいて、

 

度々話題になるリップルコイン(XRP)ですが

 

どんな仮想通貨なの?って疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

今回はそのリップルコインについて初心者でも分かりやすいように特徴や

 

仕組みを解説していきます。

 

世界で注目されている仮想通貨なので、

 

どんな仮想通貨なのかは知っておくと良いはずです。

 

リップルコインとは

 

 

まず、リップルコインには色々な呼び方があり、

 

「リップル」「XRP」「リップルコイン」といった呼ばれ方があります。

 

正式名称は「XRP」ですが、一般的には

 

リップルかリップルコインと呼ぶことが多いですね。

 

実は、リップルコインは厳密に言えば、

 

ビットコインのような仮想通貨ではありません。

 

リップルラボ社が運営している決済システムのことで、

 

他の仮想通貨とは性質が違うんです。

 

リップルコイン(XRP)って何なの?

 

 

時価総額が1兆円を超え、イーサリアムに次いで3位のリ

 

ップルコイン(XRP)とは一体どんな通貨なのか?

 

一言で言ってしまえば、「仲介通貨」です。

 

例えば、円からドルに両替をする時、

 

銀行を一回介してからお金は替えられますよね。

 

銀行を経由するとその分手数料や時間がかかったりと、

 

コストや手間が生じます。

 

海外送金をする時なんかも、

 

金額の何%も手数料として銀行に取られたりします。

 

しかし、リップルのサービスを利用すると、

 

手数料も時間がかからなくなります。

 

また、リップルは円やドルといった法定通貨だけでなく、

 

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨も一瞬で

 

XRP(リップルコイン)に変わり、

 

瞬時に通貨が交換できる仕組みになっています。

 

つまり、どんな通貨も手数料がかからず、

 

自由に交換できるということです。

 

こういったリップルの優れた決済・送金の仕組みに

 

世界の大手銀行も注目して、

 

リップルのネットワークにどんどん参入してきています。

 

ビットコインのように買い物ができたりするといった

 

日常的に使う仮想通貨ではなく、

 

リップルコインは目に見えないところで活躍してくれる

 

裏方のような仮想通貨ですね。

 

リップルコイン(XRP)とビットコインの違いは?

 

 

ビットコインについて基本的な知識がある方は分かると思いますが、

 

ビットコインも銀行に比べたら送金手数料も安く、取引も早いです。

 

しかし、なぜビットコインではダメでリップルコイン(XRP)が

 

決済・送金システムとして世界の銀行に注目されているのでしょうか?

 

それは、ビットコインとリップルコインに大きな違いがあるからです。

 

リップルコイン(XRP)の手数料はほぼタダ

 

ビットコインも銀行を介さず個人間で直接送金をすることができ、

 

海外送金でも手数料が数十円とかなり安いです。

 

これでも十分に安いですが、リップルコイン(XRP)だと、

 

取引の手数料が0.0001円以下とほぼタダ当然の手数料です。

 

この差だけでも、リップルコイン(XRP)が決済・送金サービスとして

 

ビットコインよりも優れているのが分かりますね。

 

リップルコイン(XRP)取引完了が瞬時に終わる

 

ビットコインの場合、取引の承認作業がいるため、

 

最低でも5~10分くらいは

 

取引が完了するために時間がかかります。

 

しかし、リップルコインは「リップルコネクト」

 

という国際間の取引を瞬時に処理してくれる

 

独自の海外送金ソリューションを開発していて、

 

取引が秒で完了します。

 

数分かかるのと数秒で終わるのは全く違います。

 

リップル(XRP)の取引が便利だと分かる例

 

 

リップルではIOU取引という取引方法を採用しています。

 

IOU=I owe youの略で、「あなたに借りがある」という意味です。

 

IOUというのはつまり借用書のことで、リップルのネットワークに

 

参加することで、借用書による取引ができます。

 

ゲートウェイというリップルのサービスにIOUを発行してもらい、

 

それを通貨と交換して取引を行います。

 

ゲートウェイはいわゆる銀行のようなもので、XRPを介して

 

円からドルといった通貨に交換する両替所の役割があります。

 

では、このリップルのIOU取引でどういったように送金できるか

 

例を出して解説してみます。

 

日本に住んでいるAさんは、アメリカに留学している娘の仕送りに10万円を送るとします。

Aさんは10万円とIOUを交換してくれる「ゲートウェイ」に送金。

ゲートウェイは、10万円分の「IOU」をAさんにします。

Aさんはリップルネットワークを利用して、娘にIOUを送ります。

ここで、Aさんにはリップルのネットワーク利用手数料がかかります。

ネットワーク利用手数料は0.00001XRP。2017年10月時点で、1XRP=24円ほどなので

ほぼ無料と言ってもいいです。

日本住むAさんの娘はAさんからIOUを受け取ります。

Aさんの娘はアメリカに留学しているため、使用している通貨はドルですよね。

なので、円ではなくドルが欲しいはずなので、受け取ったIOUをゲートウェイで

10万円分のドルに交換してもらいます。

 

こういったように、IOU取引によって手数料もほぼかからず、

 

瞬時に通貨を自由に交換することができます。

 

どんな通貨でもXRPは交換することができるため、

 

海外旅行に行く時の両替にもとても便利なシステムです。

 

リップルコイン(XRP)の今後の可能性

 

 

リップルの仕組みについて、簡単にご紹介してきましたが、

 

リップルコイン(XRP)が普及すればとても便利になるということは

 

お分かりいただけたかと思います。

 

リップルは注目されているからこそ、

 

ハッキングをされる可能性があるなど

 

セキュリティ面では不安はありますが、

 

将来性は高いと思います。

 

日本では三菱東京UFJ銀行もリップルネットワークへの参加を表明するなど、

 

世界中の銀行がリップルのシステムに関心を抱いています。

 

まだ、リップルコイン(XRP)の価格は安いので、今から少額でも購入しておくと

 

宝くじのような感覚でワクワクするかもしれませんよ。

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。