リップル(XRP)はAIの予想だと2018年に高騰する!?

 

リップルは期待されつつも、5月の高騰から価格が上がらないので、

 

やきもきしている方もいるかと思います。

 

もうすぐで2017年も終わりそうですが、2018年は

 

リップルの価格がどうなるのか気になるところですよね。

 

実は、AIのリップルの予想が興味深いことになっているんです。

 

ウェブボットが2018年のリップル(XRP)を予想

 

 

最近ではテレビでもよく取り上げられているように、

 

AIの発展がすごいことになってきますよね。

 

投資の世界でもAIはトレーダーとして使われてきています。

 

実は仮想通貨の相場を予想しているAIもあり、

 

「ウェブボット」という未来予測プログラムが

 

的中率の高さで以前から注目をされています。

 

最新のウェブボットの予測では、2018年のいくつかの

 

仮想通貨の価格相場が予想されていました。

 

仮想通貨は2018年も高騰し稼げる?AIの予想がすごいことに!

 

今回のウェブボットではリップルの2018年の相場も

 

予想されています。

 

・リップルが本格的に値上がりするのは2018年の5月頃

 

・2018年はリップルの上昇が激しい年になる。

 

AIの予想だと、リップル(XRP)は上昇が激しい年になるそうです。

 

非常に興味深い内容ですが、予想が正しいのかは分かりませんよね。

 

でも、実は既にウェブボットの予測が的中しているのもあるんです。

 

ビットコインキャッシャはウェブボットの予想どおりに!?

 

 

ビットコインキャッシャの予想をウェブボットはしていて、

 

内容は以下の通りです。

 

・2017年の11月頃から注目されるようになる。

 

・2018年2月には仮想通貨全体が値上がりし、ビットコインキャッシュはその前から上昇する。

 

ウェブボットの予想どおり、11月から高騰がすごいことになってます(笑)

 

10月31日までは1BCH=約5万円でしたが、11月12日には1BCH=約14万円

 

にまでなっています。

 

11月頃から注目されるようになると予想していましたが、

 

ドンピシャできてますね・・・

 

しかも、これってウェブボットの最新レポートが発表された

 

のって、ビットコインキャッシャが値上がりする1ヶ月くらい前

 

なんです。

 

偶然なのかは分かりませんが、面白い結果ですよね。

 

リップルは2018年から実用化される動きがある

 

 

リップルもビットコインキャッシュのようにAIの予想が当たっていて、

 

高騰をしたらすごいですが、現実性はあるのかが気になるところですよね。

 

実は、2018年にはアメリカ・メキシコ間の国際送金が実用化がされる

 

見通しになっていて、本格的にリップル(XRP)が使われる動きがあります。

 

また、三菱東京UFJ銀行もリップルネットワークを使ったサービスを

 

2018年初から行う予定がアナウンスされています。

 

このように、2017年までは実際に社会で使われるといったことは

 

なく開発が続いていましたが、ようやく実用化されるかもしれません。

 

もし、実用化されて大々的に明るいニュースとして取り上げられたり、

 

取り扱う取引所が増えたら高騰する可能性はあると思います。

 

Nasdaqも2018年12月までに高騰すると予想

 

 

米新興企業向け株式市場のNasdaqも2018年12月までに、

 

リップル(XRP)が高騰すると予想をしています。

 

私は、ある一つの仮想通貨銘柄を2018年末までに急騰する銘柄に位置付けました。

 

XRPというシンボルで取引されているリップルです。

 

リップルは、リアルタイム決済や通貨交換、送金ができるブロックチェーン上に構築されたネットワークです。リップルは、国際間の決済を可能にする最も速く、拡張性のあるデジタル資産として広く認知されており、銀行業界に旋風を巻き起こしています。

 

仮想通貨リップルは同名のリップルという名の企業により発行されました。リップルには、先駆者であるビットコイン同様に非中央集権型の仮想通貨を構築し、「インターネットが情報に与えた影響を今度はリップルがお金のために与える」ことを目標としています。つまり、お金の官僚機関からの解放を目標としています。

 

面白いことに、リップルはビットコインと競争をするために作られたわけではなく、ビットコインを補助するために作られました。リップルネットワークの目的は、ビットコインを含むあらゆる通貨のスムーズな送金を目的としているのです。

 

これを聞くと私が最初感じたように自由至上主義者の理想論だと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、わずかな調査でリップルが語っていることが理想論というには程遠いことがわかります。

 

世界でも有数の複数の銀行が、リップルプロトコルを採用しているのです。さらに、リップル社は、Andreessen HorowitzやLightspeed Venture Partnersなどの主要ベンチャーキャピタルグループからの出資も受けています。つまり、各業界の主要プレイヤーたちがリップルのことを将来を見据えて真剣に捉えているのです。

 

速度、拡張性、安定性のどれを取ってもリップルはその他のブロックチェーンプロジェクトから一線を画しています。支払いに数日間かかる既存の銀行システムや数時間かかるビットコイン、数分かかるイーサリアムに対し、リップルは同じ支払いを4秒でやってのけるのです。

 

 

リップルは、現時点で1秒毎に1500もの取引を完了させ、それを24時間休みなく続けることができ、さらなる拡張も期待されています。

 

リップルは、この数週間17セントから20セントの間を行き来しています。現在の状況からすると、リップルは次の52週のうちに容易に1ドルまで値上がり、数年のうちに5ドルに達し、ある専門家は最終的に20ドルもの価値になるだろうと予想しています

原文:http://m.nasdaq.com/article/this-020-cryptocurrency-is-set-to-soar-by-december-2018-cm853317

 

2018年末にはリップル(XRP)は1ドルにはなると予想していて、

 

ある専門家は最終的には20ドルの価値なると予想しているそうです。

 

現在のリップル(XRP)の価格は約20円ちょっとですから、

 

この予想が本当ならすごいですね。

 

果たして、2018年にリップルはどうなるのか?

 

AIやNasdaqの予想をご紹介しましたが、

 

2018年にリップルがどうなるかは神のみぞ知るところです。

 

こういった予想があると非常にワクワクしますが、

 

もちろんリップルが確実に上がるということでもありません。

 

実用化に問題が出てきたり、新しい革新的なリップルに代わる

 

仮想通貨が誕生することも考えられます。

 

しかし、仮想通貨の中でも仮想通貨としての将来性が高いものである

 

ことは間違いないと思います。

 

リスクも考えて、まずは少額から投資をしてみるのがいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。