ビットコイン(BTC)を作ったサトシナカモト氏ってどんな人?

 

2009年に突如として現れた「ビットコイン」

 

高騰の勢いが止まらず、100万円を超えるとも期待がされています。

 

そんな仮想通貨の代表格であるビットコインは

 

「サトシ・ナカモト」が作ったとされています。

 

一体、サトシ・ナカモトはどういった人なのでしょうか?

 

サトシ・ナカモトの正体は不明!?

 

 

ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトの

 

正体ですが、実は未だに不明のままです。

 

・名前からして日本人なのではないか?

・一人ではなく、複数人・もしくは組織なのではないか?

・オーストラリア人起業家ではないか?

 

など色々な憶測が飛び交っていますが、

 

サトシ・ナカモトの正体についてはまだはっきりとは分かっていません。

 

サトシ・ナカモト氏が発表した論文がビットコインの元に

 

 

サトシ・ナカモト氏が2008年に発表した、

 

P2Pシステムとブロックチェーンに関する論文が

 

ビットコインの原型となっています。

 

ビットコインのブロックチェーンの仕組みについてはこちら

↓ ↓

ビットコインを支えるブロックチェーン技術の仕組みを解説!

 

9Pと短い論文ですが、これを元にサトシ・ナカモトと

 

有志のエンジニアがビットコインを開発し、2009年に

 

ビットコインは公開されました。

 

そして、ビットコインを作った後はサトシ・ナカモトは

 

正体を公表することなく、そのままどこの誰なのか分からないまま

 

です。

 

顔・年齢・性別・国籍・経歴といった一切のことが不明で、

 

一体誰なんだと世界中の人が気にしています。

 

サトシ・ナカモトが100万BTCを保有している!?

 

 

ある研究者によれば、サトシ・ナカモトがビットコインの総発行枚数の

 

5%、つまり約100万BTCを保有していると予想されています。

 

100万BTCは現在のレートで換算すると、実に8,000億円以上

 

価値になります。

 

8,000億円ってもう桁が違い過ぎて目眩がしてしまいますね・・・

 

開発者であるサトシ・ナカモト氏がこの世界で最もビットコイン

 

を大量保有していると言えます。

 

サトシ・ナカモトの正体はクレイグ・ライト氏?

 

サトシ・ナカモトの正体については、

 

色々と議論がされていますが、

 

オーストラリアのドモルガン株式会社の CEOである

 

クレイグ・ライト氏なのではないかと言われています。

 

それはなぜかというと、ビットコインを開発したのではないかと

 

思うくらいにビットコインについて精通しており、サトシ・ナカモト氏

 

との共通点もいくつかあるからです。

 

また、クレイグ氏は自分がサトシ・ナカモト氏と名乗り出て、

 

一時期炎上して撤回しましたが、再び自分がビットコイン開発者だと

 

発言しています。

 

その真偽は分かりませんが、クレイグ氏がビットコインの誕生当初から

 

深く関わっていたメンバーであることは間違いないかもしれませんね。

 

 

SBIホールディングスの決算説明会で、北尾社長が

 

ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモトと会ったと

 

発言をしていました。

 

本人なのかは分かりませんが、真実はどうなんでしょうね。

 

ビットコインは今後どうなる?

 

 

ビットコインを作ったサトシ・ナカモト氏の正体が誰かは

 

ともかく、ビットコインの勢いはここ数年留まることを知らないです。

 

現在は1BTC=80万円を超え、90万、100万の壁も超えてしまいそうな

 

勢いすらあります。

 

この価格の爆上がりはビットコインを作った、サトシ・ナカモト氏も

 

予想していなかったかもしれませんね。

 

今後ビットコインがどうなるか正確なことは誰にも分かりませんが、

 

仮想通貨の未来を先陣を切って切り開いてくれる存在だと私は思っています。

 

これからまだまだ注目の的となるであろうビットコインについて、

 

少しでも勉強したり保有していると将来のためにもなるかもしれませんね。

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。