モナーコインの半減期は次はいつ?また高騰するのか?

4回目の高騰で最高値900円を突破した、モナーコイン

 

そんな注目のモナーコインは半減期の前に1度高騰が起こっています。

 

半減期が近づいてくると仮想通貨が値上がりする傾向があるため、

 

次の半減期はいつなのか気になる方も多いと思います。

 

今回は仮想通貨の価格に大きく影響してくる、半減期について書いていきます。

 

モナーコインの半減期とは?

 

 

モナーコインの半減期とはモナーコインのマイニングで得られる報酬が

 

半分になる時期のことです。

 

ブロックチェーンを使った仮想通貨は取引の正当性を維持するために、

 

マイニング(採掘)という作業が行われます。

 

これは誰でも参加することができ、マイニングをするとその報酬として

 

新規発行された仮想通貨をもらうことができます。

 

マイニング報酬は半減期と呼ばれる一定の期間ごとに半分になっていき、

 

得られる報酬はどんどん半分になっていきます。

 

モナーコインの次の半減期はいつ?

 

 

モナーコインのマイニング報酬は、2017年7月16日の1回目の

 

半減期前は50MONAでした。

 

半減期を迎えたあとは、25MONAになっています。

 

そして次のモナーコインの半減期は、2020年頃です。

 

モナーコインの半減期は1,051,200ブロック毎に行われます。

 

1ブロックの生成がモナーコインは約90秒なので、計算すると

 

約3年ごとに半減期が訪れます

 

1回目の半減期が2017年7月16日でしたので、3年後の

 

2020年7月あたりに次の半減期がくると推測されますね。

 

現在のマイニング報酬が25MONAなので、次は12.5MONAになります。

 

半減期ではどんな影響が出るの?

 

 

マイニングの報酬が半分になってしまうと、モナーコインの

 

価値も下がってしまうのではないかと考えてしまう方もいるかもしれません。

 

でも、それは逆で、半減期はポジティブな出来事と捉えることができます。

 

元々、マイニングの報酬を減らしていくのは急激にモナーコインを

 

供給せずインフレ対策の狙いがあります。

 

じわじわ供給していくことで、仮想通貨の価値をコントロールしていくんです。

 

また、マイニングを金の採掘に例えると、

 

採掘量が減ると市場に金が出回りづらくなるので、価値は上がりますよね?

 

それと同じで、供給量が減ると仮想通貨の希少性も上がり、価値も上がります。

 

実際、モナーコインやビットコイン、ライトコインといった半減期を迎えた

 

仮想通貨は半減期前後に価格が高騰する傾向があります。

 

1回目の半減期前にモナーコインが高騰!

 

 

これはモナーコインの1日足のチャートです。

 

2017年7月16日に1回目の半減期がありましたが、

 

半減期の1~2ヶ月前から急に価格が上がってきています。

 

5月中旬は10数円だったモナーコインが、6月22日には約88円に高騰しています。

 

仮想通貨は半減期が近づいてきたら価格が上り、

 

半減期を迎えたら下がり適切価格に落ち着くといった傾向があります。

 

しかし、全体的に見ても半減期の数ヶ月前よりも何倍も価格は

 

上がっていますね。

 

こういった半減期の影響はビットコインなど他の仮想通貨にも見られ、

 

半減期の前は特に値上がりを期待している方は多いと思います。

 

モナーコインは次の半減期でまた高騰するのか?

 

 

モナーコインは半減期を迎えたばかりで、次は約3年後になります。

 

まだまだ先のことなので、正直それまでにモナーコイン自体が

 

どうなっているのかは誰にも予測はできません。

 

しかし、このまま順調に仮想通貨としての価値が高まり、

 

価格も上がっていっているなら、2回目の半減期前に

 

また高騰する可能性は考えられます。

 

モナーコインのこれからをじっくりと見極めていきたいと思います。

 

モナーコインをお得に購入できる取引所

 

モナーコインを購入できる取引所としては、

 

国内大手ではビットフライヤーかZaifです。

 

ビットフライヤーで購入しても別にいいのですが、

 

安くお得に購入したいなら、Zaifの方が確実にいいです。

 

なぜなら、ビットフライヤーはスプレッドが広く、

 

手数料が高いからです!

 

では、どれくらい手数料の差があるか、

 

ビットフライヤーとZaifを比べてみました。

 

まずは、ビットフライヤー

 

 

そして、Zaif

 

このように私が確認した時のレートでは、1MONAあたりこれだけの差がありました。

 

仮にこの時のレートで200MONA(約10万円分)買ったとして、

 

4000円近くZaifの方が安くモナーコインが購入できるというわけです。

 

Zaifは取引所で売買ができるので、ビットフライヤーよりも安いんです。

 

また、Zaifだと指値注文で相場を見ないでも自動売買できてとても便利です。

 

例えば、1MONAが500円まで下がったら購入したいとします。

 

指値注文で1MONAの価格に500円と入力し、

 

買いたい数量を入力すれば、

 

500円に下がった時に自動的に購入してくれます。

 

同様に売却も売りたい価格を指定すれば、勝手に売却してくれます。

 

相場を常にチェックする必要がないので、仕事などで忙しい人には便利ですよ。

 

こういったように、モナーコインの売買は、

 

Zaifの方が絶対にお得ですね。

 

売買の回数が多いほど、手数料ってかなり高額に

 

なるので馬鹿にはできません。

 

手数料ばかり取引所に支払ってしまって、

 

後悔をしないようにしましょう。

 

Zaifの無料登録はこちら!
↓  ↓  ↓

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

 

メルマガ登録はこちらから!苗字とメールアドレスだけで簡単に登録できます。
↓    ↓    ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。