ライトコイン(LTC)の今後の将来性は?これからまた上がる?

 

仮想通貨には色々な種類がありますが、「ライトコイン(Litecoin)」

 

時価総額が上位で注目を浴びている仮想通貨の1つです。

 

今回はライトコインとはどういった仮想通貨なのか、

 

今後の将来性はどうなのかご紹介したいと思います。

 

ライトコイン(LTC)とは

 

ライトコイン(LTC)の時価総額は2017年10月時点で第5位に位置している仮想通貨です。

 

 

時価総額は約3,110億円で、イーサリアムやリップルと同様、

 

ビットコインを元に派生したアルトコインと呼ばれるものです。

 

ライトコインとはどういった仮想通貨なのかの概要は、

 

↓の動画が分かりやすく説明していたので、まずはこちらを見てみてください。

 

仮想通貨としての性質は非常にビットコインと似ていて、

 

ビットコインの親戚みたいなものです。

 

ライトコインがどういった仮想通貨なのかを理解するには、

 

ビットコインとの違いを見てみると分かりやすいので、

 

説明していきます。

 

ビットコインとアルトコインの違い

 

 

ライトコイン(LTC)はビットコインと同様に、お店の商品やサービスなどを

 

「決済・お金のやり取り」をするための

 

通貨として作られたものです。

 

しかし、いくつか違いがあります。

 

まず、ライトコインは明確な開発者が存在します。

 

ビットコインはナカモト・サトシ氏の論文を元に有志のプログラマーが作ったと

 

言われていますが、発明者であるナカモト氏はどこの誰なのか明かされていません。

 

しかし、ライトコインはチャーリー・リー氏が開発者と明確に分かっています。

 

そして、チャーリー・リー氏によると、

 

ビットコインが「金」であるならば、ライトコインは「銀」を目指すというコンセプトを

 

元にライトコインを開発したそうです。

 

ライトコインの発行量はビットコインの約4倍である、8,400万枚で、

 

希少性はビットコインよりも劣りますが、発行量が多いので流通もしやすいです。

 

また、ブロックチェーンにおける1つの取引の完了までの

 

時間がライトコインの方が迅速です。

 

ビットコインは1つのブロックの生成(取引の確認時間)が約10分かかりますが、

 

ライトコインは4分の1の約2.5分で終わり、取引がよりスピーディーに完了します。

 

また、マイニングに関しては、ビットコインよりも労力がいらず、ライトコインの方が

 

マイニングがしやすくなっています。

 

ビットコインとライトコインの違いをまとめると、

 

・ライトコインの発行量はビットコインの4倍

・ライトコインの決済のスピードはビットコインの4分の1

・ライトコインの方が採掘(マイニング)がしやすい

 

こういったように、第二のビットコインとも呼ばれるように、非常に

 

似た性質をライトコインは持っているため、まさに「銀」として

 

例えられるのも分かります。

ライトコインのこれまでの価格推移

 

 

ライトコインは2017年3月までは、1LTC=約450円あたりで

 

低迷が続いていましたが、4月以降一気に高騰をしています。

 

2017年11月現在は、1LTC=約9000円と

 

半年ちょっとで約20倍も値上がりをしています。

 

ライトコインの今後の将来性は?

 

 

ライトコインはビットコインの性質と非常に似ているため、

 

今後ビットコインのように価値が上がる可能性は十分に考えられます。

 

しかし、ビットコインは決済方法として、海外ではAmazonや楽天、その他の

 

決済でもだんだん導入され初めていますが、ライトコインの普及はまだまだです。

 

日本でもライトコインの決済は導入されていません。

 

ですが、ライトコインは決済スピードがビットコインよりも早く、

 

海外ではAmazonでライトコインの決済を導入して欲しいという動きもあります。

 

海外でまずライトコインの決済が広がっていくと、それに順じてライトコインの

 

価値も上がると予想されます。

 

今後の将来性は十分にまだあると思うので、これからのシステムの改善や

 

普及の加速に期待しておきたいところですね。

ライトコインを安く購入できる取引所

 

ライトコイン(LTC)は国内大手であればコインチェックか

 

ビットフライヤーで購入できますが、

 

あまりおすすめできません。

 

なぜなら、手数料が高いからです!

 

スプレッドが広いため、手数料だけで何%も取られてしまいます。

 

ライトコインの手数料が安くてお得に購入できるのはGMOコインです。

 

では、どれだけスプレッド(手数料)の差があるのか?

 

それぞれ比較をしてみました。

 

まずは、ビットフライヤー

 

 

次にコインチェック

 

 

そして最後は、GMOコイン

 

 

3つを比較してみると、ビットフライヤーが圧倒的に手数料が高いのが

 

分かりますね・・・

 

また、コインチェックとGMOコインを比較しても、

 

GMOコインが一番安くライトコインを購入することができます。

 

 

 

GMOコインはライトコインのスプレッドが狭く、

 

国内でも手数料が安い方です。

 

そのため、ライトコインを購入するなら

 

GMOコインがおすすめです。

 

最短5分で簡単に口座開設できるので、

 

是非、ライトコインをお得に購入してみてください。

↓  ↓  ↓

⇒GMOコインの無料登録はこちら!

 

12/21追記:注意
スプレッドが変動性に変わっています。

 

ビットバンクもライトコインの手数料が安いので、

 

うまく活用してみてください。

↓  ↓  ↓

アルトコインの手数料が安いおすすめの取引所はココだ!

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

メルマガ登録はこちらから!苗字とメールアドレスだけで簡単に登録できます。
↓    ↓    ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。