ビットコイン(仮想通貨)の保管はどの方法が一番安全?

 

ビットコインなどの仮想通貨を保有・運用していく上で、

 

気をつけておかなければならないのが仮想通貨の保管方法です。

 

残念ながらハッキングをされて仮想通貨の盗難があったという事例も

 

過去にあり、仮想通貨の保管は資産を守るためにもとても大事なことです。

 

セキュリティ対策は基本的には自己責任ですし、

 

他人任せにしないで自分でしっかりと管理をしていく必要があります。

 

そこで、どの保管方法が仮想通貨を管理していく上で一番安全なのかご紹介

 

したいと思います。

 

仮想通貨の主な保管方法とは

 

仮想通貨の保管方法は大きく分けて2パターンあります。

 

・取引所に預けたままにしておく

・個人のウォレットで管理をする

 

この2つの方法のどちらかで仮想通貨を保管しておくことになります。

 

取引所に管理してもらうのであれば、コインチェックやビットフライヤーの様な

 

取引所のウォレットに預けたままにしておきます。

 

また、取引所に預けたままにするのではなく、自分で管理をしたい人は

 

ウォレットと呼ばれるものに個人で保管をしておくことになります。

 

ウォレットにもいくつか種類があり、「ウェブウォレット」「デスクトップウォレット」

 

「モバイルウォレット」「コールドウォレット」「ハードウェアウォレット」などがあります。

 

ハードウェアウォレットに保管するのがおすすめ

 

取引所に預けたままにしておくのも不安という方は、

 

個人で管理をするウォレットを使います。

 

ただし、ネットに繋がった状態で保管をするタイプのウォレットは

 

常にハッカーに狙われる危険性があるため、おすすめはしません。

 

実際、オンライン上のウォレットで盗難の被害に

 

遭った例もいくつかあります。

 

個人のウォレットで仮想通貨を保管するなら、

 

ハードウェアウォレットが一番安全と言われ、使っている人も多いです。

 

ハードウェアウォレットの特徴

 

 

ハードウェアウォレットは専用の端末に自分の仮想通貨は保管し、

 

オフライン上で管理することができるため、ハッキングの心配がありません。

 

ただ、物理的な保管方法なので、ハードウェアウォレットが故障して仮想通貨が紛失

 

してしまう可能性も無きにしも非ずです。

 

また、自分で管理をすることになるため、

 

保管方法が複雑になってしまうということもあります。

 

しかし、個人のウォレットではセキュリティ面が高いため、

 

保管方法としてはおすすめしています。

 

人気のハードウェアウォレットであれば、

 

TREZORやLedgerNanoなどがありますね。

 

オンライン上のウォレットはハッキングの危険性もあるため、

 

個人でビットコインなどの仮想通貨を管理をしたい方はハードウェアウォレットが無難でしょう。

 

ハードウェアウォレットは製品にとって保管できる仮想通貨の種類が

 

違うため、その点は気をつけてくださいね。

 

人気のある仮想通貨はTREZOかLedgerNanoのどちらかであれば、

 

大抵は保管することができるので、まずはこの2つをチェックしてると良いですね。

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。