仮想通貨ファクト厶の買い方と取引所を解説!

様々な書類や記録といったあらゆる情報をブロックチェーン上で

 

管理ができるFactom(ファクト厶)のシステム。

 

そのファクト厶のシステム内で使われる通貨が「Factoid」で、

 

通貨もファクト厶と一般的には呼ばれています。

 

どこでファクト厶を購入することができるのか?

 

ファクト厶を取り扱いしている取引所/販売所と

 

買い方について解説していきます。

 

Factom(ファクト厶)とは

 

 

ファクト厶は「あらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理する」

 

というのが最大の特徴です。

 

書類や記録というのは管理するだけで莫大な費用がかかり、

 

企業や国は情報の管理のために相当なコストをかけています。

 

しかし、ファクト厶ではあらゆる情報をブロックチェーン上で

 

管理をすることができるために、従来よりも遥かに低コストに

 

抑えることができるようになります。

 

実際にアメリカでは、1兆ドル規模とも言われる住宅ローン市場の

 

データ管理をファクト厶で行う計画が進められていますね。

 

ブロックチェーン上で様々なデータ管理ができるようになれば、

 

多くの分野で情報の管理に対するコストの激減が期待されます。

 

ファクト厶を購入できる取引所/販売所

 

ファクト厶を購入できる取引所/販売所は以下が挙げられます。

 

・コインチェック(国内)

・bittrex(海外取引所)

・Poloniex(海外取引所)

 

国内だとコインチェックのみでファクト厶は取り扱いされていて、

 

海外だと有名なbittrexかPoloniexの取引所で購入することができますね。

 

国内と海外どっちの取引所(販売所)で買った方がいい?

 

ファクト厶を購入するとしたら、

 

国内販売所のコインチェックかbittrex・Poloniexなどの

 

海外取引所で購入をする形になります。

 

では、国内か海外どちらが良いのか?ですが、どちらも

 

メリットとデメリットがあります。

 

国内販売所のメリットとデメリット

 

国内販売所だと簡単に日本円でファクト厶が購入することができ、

 

日本だからこその充実したサポートを受けることができます。

 

また、24時間いつでも好きな購入することができて、

 

単純に購入するだけなら国内が一番良いです。

 

しかし、コインチェックだと手数料が高いので短期売買を頻繁に行うのであれば、

 

手数料だけでかなり取られてしまうというデメリットもあります。

 

海外取引所のメリットとデメリット

 

海外取引所だと国内よりも手数料が安くなるため、

 

売買をするにはコインチェックよりはコストがかかりません。

 

ただ、日本円ではファクト厶は購入することができず、

 

ビットコインを購入して、海外取引所にビットコインを送金して

 

ファクト厶を購入する形になります。

 

また、海外だとサポートの期待ができないというデメリットもあります。

 

それに、買い手と売り手のマッチングがうまくいかなければ、取引が

 

成立しないこともあります。

 

ファクト厶を購入するなら国内大手販売所がおすすめ

 

 

とりあえずファクト厶を購入したいのであれば国内大手販売所である

 

コインチェックが安心なのでおすすめです。

 

セキュリティ面やサポートがしっかりとしていますし、

 

買い方も簡単なので、特に初心者には使いやすいです。

 

 

コインチェックでのファクト厶の買い方ですが、

 

登録と入金さえ済んでいれば、数分も購入にかかりません。

 

コインチェックの登録がまだの方は登録方法や本人確認のやり方について

 

解説しているので、参考にしてみてください。

↓ ↓

⇒コインチェックの登録方法はこちらで解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。