COMSA(コムサ)トークンは将来いくらまで上がるのか?

 

前々から話題になり私も気になっていた、COMSA(コムサ)トークン。

 

ようやく上場して取引が開始されましたが、

 

期待とは裏腹にスタートは大きな値上がりを

 

見せていません。

 

まだ上場したばかりなので、

 

「COMSAトークンは将来的にいくらまで上がるのか?」

 

が一番気になるところですが、

 

正直誰にも具体的な数字を予想することはできません。

 

なので、中長期的に考えて、COMSAトークンがどうなっていく

 

のか個人的に予想をしてみました。

 

あくまでも勝手な妄想も入っているので、

 

参考程度にお願いします。

COMSAトークンのおさらい

 

まずは、COMSA(コムサ)トークンとはどういったものなのか、

 

簡単におさらいをしたいと思います。

 

ビットコインやイーサリアムといった一般的に知られている

 

ような仮想通貨とはちょっと性質が違うので、

 

投資対象として見極めるためにもどんなものなのかは

 

改めて理解しておいたほうがいいでしょう。

 

COMSAトークンとは何ぞや?

 

COMSAトークンはCOMSAというプロジェクトの資金調達の

 

ためにICOで発行されたトークンのことです。

 

COMSAトークンは「ICO」というものが深く関わってきます。

 

ICOは次世代の資金調達方法

 

従来は株式を発行して企業は資金を集めていましたが、

 

仮想通貨の誕生によって、ビットコインやイーサリアムなどの

 

仮想通貨で資金調達をすることができるようになり、

 

それを「ICO」と呼びます。

 

ICOではビットコインやイーサリアムといった仮想通貨で

 

投資をしてもらう代わりに、独自の仮想通貨である「トークン」

 

と呼ばれるものを企業や個人が発行して、投資をしてくれた人に

 

付与します。

 

もし、投資した会社が大きく育ったり、話題になれば、

 

手に入れたトークンも高騰し大きく稼ぐことも可能になります。

 

株式とは少し違いますが、株の仮想通貨版みたいな感覚で

 

考えていいでしょう。

 

株式などよりも簡単に誰でも資金調達ができる、

 

まさに今の時代らしい新しい資金調達方法で、

 

今後当たり前にICOが行われるとも言われています。

 

ICOの成功を手伝ってくれるのがCOMSA

 

 

この次世代の資金調達方法であるICOを一からプランニングして、

 

手がけてくれるのが「COMSA」です。

 

例えば、ベンチャー企業がICOで資金調達をして、

 

製品を作りたいと思っても、

 

「ICOってどうやればいいのの?」

「資金を沢山集めるための宣伝はどうしたらいい?」

「トークンってどうやって発行するの?」

 

といったICOを行うために多くの疑問が出てきて

 

中々踏み出せないといったことになります。

 

そこで、ICOに関する全てを解決してくれるのが、

 

「COMSA」です。

 

COMSAは国内大手取引所のZaifも運営している、

 

「テックビューロ社」が立ち上げたプロジェクトで、

 

ICOに関するソリューションを一手に担ってくれます。

 

トークンの発行やICOの宣伝、ホワイトペーパーの作成など

 

ICOを成功させるためのサポートをしてくれます。

 

こういったICOプラットフォームは国内初なので、

 

非常に話題となっているんです。

 

COMSA自身もICOで109億円の資金を調達に成功

 

ICOのプラットフォームであるCOMSA自身もトークンを発行して、

 

資金調達をしました。

 

このICOで発行されたのが、「COMSAトークン」です。

 

 

↑の画像はCOMSAトークンで集めた仮想通貨の総量です。

 

日本円に換算すると、全部で約109億円もの資金を今回の

 

COMSAトークンの発行で集めることに成功しています。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23144800W7A101C1EE9000/

 

日経新聞にもCOMSAトークンで109億円調達したことは取り上げられていました。

 

こういったように話題性に溢れるものだけあって、

 

多くの人の期待が以前からかかっているトークンです。

 

将来的にCOMSAトークンはいくらまで上がるのか?

 

さて、本題のCOMSAトークンは将来的にいくらまで上がるのかですが、

 

中長期的な目線で考えていこうと思います。

 

 

↑は12月4日、COMSAトークンが上場してすぐのチャートです。

 

多くの人の期待があったものの、予想に反して

 

大きな値上がりはしていません。

 

販売時が、1COMSA=1ドル(110円相当)だったので、

 

値は上がってはいますが、何十倍といった高騰は

 

今のところ見られません。

 

非常に話題になっていた案件であったため、肩透かし

 

をくらったという人もいるでしょう。

 

しかし、まだ投資対象として切るのは早計であると、

 

個人的には思っています。

 

やはり、仮想通貨投資は中長期的に見れば上がるものが

 

ほとんどですし、COMSAトークンも上がりそうな材料は

 

まだ残されています。

 

COMSAのICOがうまくいけば話題性が上がる

 

仮想通貨の価格は良くも悪くも、ニュースに大きく左右されます。

 

COMSAが手がけるICOは既に決まっていますが、

 

まだ本格的にスタートするのはこれからといった段階です。

 

ICOがうまくいけば話題にもなるでしょうし、

 

ICOブームが加速したらニュースにも取り上げられて

 

COMSAトークンの価格が上がる可能性もあります。

 

また、大手の海外取引所で取り扱いが開始されたら、

 

一気に高騰するということも、仮想通貨ではよくある

 

ことです。

 

明るいニュースがまた出てこれば、今よりもいくらかは

 

上がることは十分にあるでしょう。

 

テックビューロもCOMSAトークンを保有している

 

COMSAのICOで109億円分のCOMSAトークンが投資者に行き渡り

 

ましたが、実は運営側のテックビューロ社もCOMSAトークンを保有しています。

 

みんなが買った109億円分の50%である、54.5億円分の

 

COMSAトークンをテックビューロは持っているんです。

 

つまり、自社の株を持っていると同じで、株価が上がれば

 

当然会社側も潤うという構造になります。

 

COMSAトークンの価格が上がれば、購入者も運営側もどちらも

 

利益を得ることができます。

 

そのため、テックビューロ社もCOMSAトークンの価格は

 

なんとしてでも上げたいはずなので、

 

どうにか工夫をしてくるかとは思います。

 

将来的にいくらまで価格が上がるのかは分かりませんが、

 

まだ安い時に少しでも保有しておくといいかもしれません。

 

仮想通貨は中長期的に値上がりするパターンがほとんどなので、

 

全部売ってしまったりすると、後悔してしまうことはよくありますからね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。