COMSAトークンとは?今後の将来性は果たしてあるのか?

以前から話題になり注目されていたCOMSA(コムサ)トークンが

 

2017年12月4日に上場し、国内取引所のZaifで取引ができるように

 

なりました。

 

上場してすぐの相場を見ても今のところ大きく

 

値上がりするといった動きは見られず期待していた人の

 

中にはガッカリした人もいるでしょう。

 

しかし、まだ上場したばかりなので今後どうなるかはまだ分かりません。

 

そこで、今回は注目を浴びているCOMSAトークンとはどういったものかの解説や、

 

今後の将来性について考察をしてみました。

 

COMSAトークンとは?

 

COMSA(コムサ)トークンとは、

 

Zaifを運営するテックビューロ社の新たなプロジェクトである

 

「COMSA」のICO(資金調達)で発行されたトークンのことです。

 

COMSAがどういったプロジェクトなのかは、

 

↓の動画を見ると概要が掴めるかと思います。

 

 

仮想通貨で企業の研究開発やプロジェクトの費用などの資金調達をする「ICO」が最近

 

増えてきており、そのICOのプラットフォームとなるのが

 

COMSAです。

 

ICOをしたい人のために、

 

ホワイトペーパー(企画書)の整備

・ブロックチェーン導入のプラン設計

・国内外へのPR

・トークンセールのツール開発

 

こういったICOに関わる全てのことを代わりに行って

 

くれます。

 

COMSAは国内初のICOプラットフォームなだけあって、

 

大きく注目を以前から浴びていました。

 

COMSA自体もプロジェクトを開始するために、

 

COMSAトークンというトークンを発行し、100億円以上の

 

資金をICOで集めることに成功しています。

 

COMSAが12/4に上場!最初の価格はいくら?

 

 

上の画像は上場して数時間後のCOMSAトークンのチャートです。(CMS:XEM/日本円)

 

2017年12月4日18時に上場し、Zaifでの取り扱いが開始され、

 

購入や売却ができるようになりました。

 

上場前のICOでは1COMSAは1ドル(約110円)の販売価格でしたが、

 

上場しても最初は値上がりするといったことはありませんでした。

 

むしろ、1COMSAが100円を下回ることもあり、

 

出だしは多くの人が不安になったり、ガッカリして

 

しまう結果となっています。

 

既にCOMSAが手がけるICOが決まっていたり、

 

資金調達が100億円を突破するなど、大きな期待

 

がかかっていましたからね。

 

ですが、1COMSA90円台だったのが、180円まで

 

22時前にはなるなど、出だしより値が上がってきています。

 

 

この時点で狼狽売りをしていなかった人は利益を出せた人も

 

いるでしょう。

 

100円とかで買い増しした人は、1.8倍とかの利益にはなりますからね。

 

COMSAトークンは今後の将来性はあるのか?

 

 

COMSAトークンは結論から言うと、

 

今後の将来性はまだあると思います。

 

モナコインのように日本産というだけも注目度が高いですし、

 

今後のICOの案件などで話題になる可能性はあるかと。

 

また、今後海外の取引所でCOMSAが取り扱いされたら、

 

大きく高騰することは十分に考えられます。

 

他の仮想通貨と同様、値動きは激しいでしょが、

 

将来性はある方だと思うので、安い時から購入して

 

もっておくだけでもいいかもしれませんね。

 

今後の動きにも注目していこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。