仮想通貨で被害に遭わないためのコイン詐欺の見分け方

 

仮想通貨は現在2000種類以上あると言われていますが、

 

そのうちの90%以上は詐欺だと言われています。

 

仮想通貨についてある程度理解している人なら

 

すぐに詐欺かどうかは判断できますが、

 

初心者は良く分かっていないので被害に遭いやすいです。

 

価値も将来性も全くないものを売りつける怪しい業者が乱立しており、

 

騙されないためにも注意が必要です。

 

そこで、被害に遭わないためにも、

 

コイン詐欺の見分け方のポイントをまとめました。

 

仮想通貨初心者の方は狙われやすいので要チェックです。

 

コイン詐欺を見分けるポイント

 

1.管理者が存在する仮想通貨(リップル以外)

 

管理者が存在する仮想通貨は疑った方が良いです。

 

リップルは管理者が明確に示され、信頼度も高まりつつある例外

 

の仮想通貨ですが、それ以外の管理者が存在する仮想通貨は詐欺だと疑いましょう。

 

仮想通貨で一番有名なビットコインは管理者がいない

 

ブロックチェーン技術のおかげで従来の金融システムに依存しない、

 

革新的な通貨として価値が高まっています。

 

一方、管理者がいる仮想通貨は供給量をコントロールできるため、

 

供給量をコントロールできる運営会社が儲ける詐欺に利用されやすいです。

 

2.セミナーで勧誘してくる

 

セミナーで勧誘してくるような、よく分からない仮想通貨はほぼ

 

100%コイン詐欺だと思っていいでしょう。

 

ビットコインやイーサリアムよりもこっちの方が儲かるといった、

 

上手い話をしてきて、無名の仮想通貨を

 

その場で売りつけてきたらスルーしましょう。

 

勢いに流されて、その場で買ってしまうようなことだけは避けてください。

 

3.価格の値上がりをやたらと煽ってくる

 

「ビットコインやイーサリアムはこれ以上値上がりしない、

 

この〇〇がこれからはアツイ。今後、数十倍に絶対値上がりします!」

 

といった具合に、やたらとよく分からない仮想通貨

 

を推してきたら詐欺だと思いましょう。

 

まぁ、ビットコインが数年前に比べて何十万倍と値上がりしたのは事実ですが、

 

100%儲かることが決まっているわけではありません。

 

無名の仮想通貨をやたらと推してきた時はほぼ詐欺確定です。

 

もしよくわからない仮想通貨だったら、すぐに検索すれば分かるはずです。

 

4.最低購入価格がある

 

「〇〇っていう仮想通貨は10万円からしか購入できません」

 

といったように、購入するための最低価格が詐欺コインでは

 

設定されているものが多いです。

 

購入価格が低いと詐欺師にとっては利益になりませんからね。

 

仮想通貨は普通はそんなに高くお金を払う必要なんてありません。

 

ビットコインなら約10円からといった少額から購入することができます。

 

知名度のない仮想通貨は初心者は絶対に買わないこと

 

コイン詐欺に合わない対策の結論として、

 

よくわからない仮想通貨は絶対に買わないことです。

 

仮想通貨投資を始めたいなら、知名度が高く、取引量が

 

最も多いビットコインかイーサリアムを優先的に買った方が良いです。

 

また、取引所もコインチェックやビットフライヤーといった

 

保証がついている大手の仮想通貨取引所を利用すると安心です。

 

少額からコツコツと殖やしていくことから始めましょう。

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。