ビットコインという仮想通貨のメリットとデメリットについて

 

仮想通貨の市場規模の大半を占め、

 

値上がりの勢いもすごい「ビットコイン」ですが、

 

仮想通貨としてどういったメリットやデメリット

 

があるのか把握していない人も多いかと思います。

 

そこで今回は、ビットコインが持つメリットやデメリット

 

について解説していきます。

 

ビットコインのメリット

 

 

管理者がいない非中央集権型

 

ビットコインが円やドルなどの法的通貨と大きく違う点は、

 

通貨の管理者がいないことです。

 

例えば、日本の円は日本銀行が発行・管理などを行っていて、

 

発行する円の量も自由にコントロールすることができます。

 

しかし、ビットコインはブロックチェーン技術によって、

 

管理者がいなくても管理される仕組みになっています。

 

中央に管理者がいると、国の経済状況や災害などに左右され、

 

急に通貨の価値が下がってしまうこともあります。

 

日本ではそういったことは感じたことはないかもしれませんが、

 

国によってはハイパーインフレで、通貨の価値が急激に下がって

 

しまうことが度々あります。

 

ビットコインは管理者がいない独立した通貨なので、

 

自国の通貨が不安定な人にとっては、信頼できる資産と

 

なり得ます。

 

送金手数料が格安

 

 

これまでの金融システムは中央に管理者がいるため、

 

お金のやり取りをする時はその分、手数料として返ってきます。

 

ビットコインだとその管理者がいないため、個人間で直接

 

送金をすることができ手数料もほぼかかりません。

 

特に海外に送金をする時はビットコインだと手数料を格安に

 

抑えることができます。

 

海外送金を銀行経由で行うと、手数料が高いですが、

 

ビットコインであれば数十円で送金することができます。

 

銀行経由よりも送金がスピーディーでコストもかからないのは

 

ビットコインの大きなメリットと言えます。

 

世界中で決済方法として使える

 

ビットコインは仮想通貨なので、国に関係なくそのまま

 

世界中で使うことができます。

 

元々、決済のために作られた仮想通貨で、世界中のお店で

 

ビットコインで決済ができるところが増えてきています。

 

海外旅行に行った時もビットコインで買い物やサービスの支払いを

 

することができて便利です。

 

投資対象として稼ぐこともできる

 

 

日本人はビットコインは投資対象として保有する人は

 

世界でも多いです。

 

2017年10月には最高値で1BTC=約70万円まで到達するなど、

 

価格の上昇が著しいです。

 

実際に、1年で10倍ほど値上がりしているため、

 

大きく利益を上げた人は続出しています。

 

中には億単位で稼いでいる人も沢山いらっしゃいますからね。

 

専門家の予測としてはまだビットコインは伸びるという

 

意見も多いため、投資対象としては依然魅力的です。

 

ビットコインのデメリット

 

使えるお店がまだまだ少ない

 

ビットコインを使えるお店は増えてきてはいますが、

 

どこでも使えるわけではなく、まだまだ少ないというのが現状です。

 

日本ではビックカメラやH.I.Sなど大手の企業もだんだんとビットコインの

 

決済を導入していますが、普及は遅れています。

 

しかし、今は発展途上でビットコインの普及とともに、

 

使えるお店もこれから増えていくとは思います。

 

ボラリティが高い

 

 

ボラリティとは「振れ幅」のことで、価格の変動が

 

激しいという意味合いです。

 

例えば、1BTC=50万円だったのが、数日後には1BTC=40万円と

 

一気に10万円に下がるということもよくあります。

 

数分、数時間単位でも価格の変動が大きいため、短期売買で

 

利益を上げようとすると初心者にはハードルが高いです。

 

場合によっては、大きな金額を溶かしてしまう可能性もあるため

 

注意は必要ですね。

 

メリットとデメリットを考えてビットコインは購入しよう

 

 

ビットコインはメリットだけでなく、勿論デメリットもいくつか

 

存在することは頭の中には入れておいた方がいいでしょう。

 

価格の上昇が著しく、話題になっているからといって投資で

 

確実に儲けれるということでもありません。

 

しかし、ビットコインは世界で普及しつつあり、

 

価格も高騰してきています。

 

ビットコインは既存の金融システムに多大な影響を及ぼす可能性が

 

ある存在なため、投資対象としてもまだ可能性は残されています。

 

ただ、リスクなどもあるため、メリットとデメリットの両方を考えて

 

 

少額からまずは購入してみるのがいいでしょう。

 

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 ;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。