ビットコインの歴史!最初の頃から価格は何倍になった?

 

2017年に入ってから仮想通貨市場全体が盛り上がっており、

 

仮想通貨の顔とも言えるのが「ビットコイン」です。

 

ビットコインは様々なメディアに取り上げられるようになり、

 

今では国内でもCMを目にしたりします。

 

そんな大きな話題となっているビットコインですが、

 

これまでの歴史を簡単に振り返りたいと思います。

 

最初の頃の価格と、現在の価格を比べると何倍になっているのでしょうか?

 

ビットコインの誕生

 

 

サトシ・ナカモトという正体不明の人物が、2008年に

 

ビットコインに関する論文を発表し、その論文を元に

 

有志のプログラマー達がビットコインの原型を作り上げていきました。

 

論文にはP2Pシステムの仕組みを利用したブロックチェーン技術に

 

ついて書かれており、仮想通貨を実現するためのことが書かれていました。

 

ビットコインのブロックチェーン技術については

 

こちらにまとめています。

↓ ↓

ビットコインを支えるブロックチェーン技術の仕組みを解説!

 

そして、2009年にはソフトウェア開発者であるHal Finney氏へ、

 

世界で初めてのビットコインの送信が行われました。

 

ビットコインの最初の価格

 

 

2009年初にビットコインが誕生し、2009年10月に円やドルなどの

 

法定通貨とビットコインとの交換レートが提示されました。

 

最初のビットコインの価格は1BTC=約0.07円と0.1円にも

 

満たなかったんです。

 

これはビットコインのマイニング(採掘)

 

にかかる電気料金から算出された価格だそうです。

 

マイニングが何なのか分からない方は、

 

他の記事でまとめているので参考にしてみてください。

↓ ↓

ビットコインの採掘(マイニング)って何なの?仕組みを解説!

 

2010年に最初のビットコイン決済が行われる

 

 

今では日本でもビックカメラや、H.I.Sなどビットコイン決済が導入されて

 

いますが、最初のビットコイン決済が行われたのは2010年のことです。

 

あるエンジニアが「ビットコイン1万枚とピザ1枚を交換しない?」と

 

冗談半分で投稿をし、それを見た別のプログラマーがピザ屋さんに

 

注文して「ビットコイン1万枚とピザ2枚」を交換しました。

 

ビットコインはそれまでは単なるデータでしたが、

 

現実のモノと交換することができ、価値が生まれました。

 

そして、その仮想通貨の歴史的日である5月22日は

 

「ビットコイン・ピザ・デイ」と呼ばれ、ビットコインに

 

関係する人達にとってお祭りの日になっているんです。

 

ピザ2枚=ビットコイン1万枚で最初のビットコイン決済は

 

行われましたが、現在のレートで換算すると約80億円以上です。

 

80億円のピザってすごいですね・・・

 

もしこのピザ屋さんが未だに10,000BTCを持っていたら

 

とんでもない大金持ちになっていますね。

 

2011年~2013年までのビットコインの歴史

 

出典:http://coinchannel.blog.jp/archives/3424688.html

 

2009年にビットコインが誕生した最初の頃は、1BTCが0.1円にも満たなかったのが、

 

2011年には1BTC=1ドルを上回りました。

 

それから2013年10月には一時期、1BTC=約12万円を上回るなど、

 

ビットコインの成長スピードが目まぐるしくなっています。

 

この当時はビットコインは知名度が低く、

 

知らない人も多かったですが、これだけ

 

価格が上がっていたんです。

 

2013年時点で、最初の頃にビットコインを買っていた人達は

 

億万長者になっています。

 

ビットコインで大儲け・大損した人まとめ

 

2014年にマウントゴックス事件発生

 

 

2014年にマウントゴックスという当時世界最大取引所が、

 

ハッカーに襲われて顧客のビットコインが盗まれるという事件が

 

ありました。

 

2014年の3月7日から3月10日かけて、65万ビットコインと28億円が消失してしまい、

 

この事件のせいで、ビットコインは詐欺だ、怪しいという印象を残してしまいました。

 

しかし、これは実はマウントゴックスの内部の横領であると捜査では判明し、

 

当時の社長が捕まっています。

 

マウントゴックス事件についてはこちらにまとめています

↓ ↓

マウントゴックスが破綻した事件の真相とは

 

マウントゴックスのようなことが起こらないように、

 

コインチェックbitflyerといった現在の国内大手取引所

 

もこの時期に設立がされ、不正は起こっていません。

 

2015~2016年のビットコインの歴史

 

2015年はビットコイン価格が停滞していましたが、2016年頃から

 

また徐々に値上がりをし始めました。

 

国内ではDMM.comがビットコイン決済を導入しましたね。

 

2017からビットコインの価格が急上昇

 

 

ビットコイン(BTC)のチャートを見てもらえれば分かるように、

 

2017年からのビットコインの価格上昇がすごいことになっています。

 

2016年までは、1BTC=10万円もいかなかったのが、

 

2017年11月には1BTC=87万円を記録しています。

 

ビットコインが誕生した最初の価格って覚えていますか?

 

1BTC=0.07円だったのが、今では1BTC=約80万円です。

 

つまり、何倍になったかというと、1000万倍を超える値上がり

 

をしているということです。

 

桁がとんでもないですよね・・・

 

ビットコインについてよく知らない方は、何倍になったのか

 

知ると驚愕するはずです。

 

初期の頃に1000円分のビットコインを買ったとしても、

 

数十億とかになりますからね。

 

こういったビットコインの歴史があるため、

 

世間ではビットコインがすごいと話題になるわけですね。

 

2018年以降ビットコインはどうなるのか?

 

ビットコインの歴史を振り返ってみると、

 

とんでもないスピードで成長をしていることが分かりますよね。

 

10年もしないで、価値が1000万倍になっていますから。

 

2017年もビットコインの価値が急上昇した年でしたが、

 

2018年以降どうなるかが気になるところですよね。

 

専門家によれば今後も上がると言われていますし、

 

AIも更に値上がりすると予測をしています。

 

しかし、どうなるかは分からないので、

 

興味がある方はまずは少額からビットコインを

 

買ってみるのが良いですね。

 

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。