ビットコインとは?初心者にも分かりやすく説明!

 

ビットコインはメディアでもよく取り上げられていますが、

 

実際どういったものなのかよく分かっていない人が多いんじゃないでしょうか?

 

そこで、今回はビットコインとは何ぞや?と気になる方のために、

 

ビットコインの仕組みや世界で注目されている理由をご紹介したいと思います。

 

専門家が話すような難しい内容ではなく、私なりに咀嚼して、できるだけ

 

初心者でも分かりやすく説明していきます。

 

ビットコインの発明者

 

ビットコインは2009年に公開され、誕生しました。

 

発明者はナカモト・サトシと呼ばれる人物だと言われています。

 

ナカモト・サトシ氏が発表した「P2P電子マネーシステム」という

 

論文を元に、ビットコインのシステムは構築されて仮想通貨が誕生しました。

 

発明者であるナカモト・サトシ氏は実はその正体は誰も知らない、

 

謎の人物なんです。

 

名前からして日本人ではないか?と噂されていますが、

 

プライベートな部分は一切明かしていないので、国籍も分かっていません。

 

ビットコインの土台となるシステムの理論を構築し、後は世界中の

 

プログラマーに任せてしまい、今ではビットコインは自動操縦されています。

 

ビットコインの最大の特徴

 

ビットコインがなぜ世界中から注目されているのか?

 

なぜ、通貨として便利で銀行がいらなくなるとまで言われているのか?

 

ビットコインのメリットを理解するためにも、まずはビットコインの最大の特徴である

 

「P2Pシステム」と「ブロックチェーン」について知っておく必要があります。

 

P2Pはビットコインの元になるシステム

 

P2P(ピア・ツー・ピア)というのはビットコインのシステムを

 

構築するための元になったネットワークの管理の仕方の1つです。

 

 

P2P方式では、コンピューター端末同士をネット上で繋げて、直接的にやり取りを

 

するネットワーク管理法です。

 

一方、一般的に私達が利用しているのは、

 

クライアントサーバー方式のネットワーク管理の仕方です。

 

自分の端末から一旦、プロバイダー会社にデータが行き、そこで処理と管理をされて

 

世界中にアクセスや取引ができるようになります。

 

つまり、中央にサーバーが置かれている、中央集権型のネットワークになっているのが

 

クライアントサーバー方式です。

 

ほとんどのシステムはこのクライアントサーバー方式なのですが、

 

この方式だと中央のサーバーが莫大なデータを処理しないといけないため、

 

多額の管理費用がかかってしまいます。

 

すると、何が起きるかというと、そのネットワークの管理・処理の維持費が

 

手数料として私達に降りかかってくるわけです。

 

銀行などの金融機関も中央集権型のネットワーク管理なので、

 

手数料を払わないといけません。

 

しかし、P2P方式ではデータの管理や処理は個々の端末に分散させる、

 

非中央集権型のシステムなため、コストやスピードを

 

圧倒的に省くことができるようになります。

 

だからこそ、ビットコインのような仮想通貨は

 

金融革命とも言われているんです。

 

P2Pにはブロックチェーンが欠かせない!

 

P2P方式であれば、第三者が介入しなくても、取引ができるわけなので、

 

手数料なども発生せずスムーズなやり取りができます。

 

しかし、ネットワークを個々の端末で繋げるとあれば、

 

ハッキングなどの不正が懸念されたり、正しい取引ができるのか

 

どうかが問題となってきます。

 

そこで、管理者がいないビットコインの仕組みを正常に維持させるために

 

開発されたシステムが「ブロックチェーン」です。

 

ビットコインの取引は全て、ブロックと呼ばれるものに記録されます。

 

約10分間で次のブロックは作られていき、チェーン状に次々に増えていきます。

 

ブロックが作られる度に、その前のブロックの情報は封印されてしまうため、

 

改ざんが非常に難しくなります。

 

もし、ハッキングを試みても、チェーンの最初から順番に改ざんをしていかないと

 

いけなく、全ての取引を改ざんしないといけません。

 

つまり、ブロックチェーンで行われている莫大な情報の処理と同じ以上の

 

ことをしないといけないため、莫大な情報処理能力と費用がかかります。

 

個人での改ざんはまず無理で、いくつもの超高性能なコンピューターを用意

 

して組織ぐるみで不正を行わないと無理です。

 

こういったブロックチェーンのシステムによって管理者がいなくても、

 

取引を不正から守り、信頼されるシステムを維持しています。

 

ビットコインのメリットって何なの?

 

 

ビットコインの基本的な仕組みが分かったところで、

 

ビットコインのメリットについて説明します。

 

・手数料が安い

・スピーディーなやり取り

・金融政策に左右されない

 

こういったメリットが挙げられます。

 

手数料が劇的に安い!

 

お金のやり取りをする時の手数料、特に海外送金の時の

 

手数料が安いことが、ビットコインの大きなメリットになります。

 

普通、海外送金をすると、6~8%程度の手数料を銀行に支払わないと

いけません。

 

しかし、ビットコインであれば、手数料はほとんどかからず、

数円、数十円で済むんです。

 

この差ってかなり違いますよね?

 

また、クレジットカード決済を導入しているお店にもビットコイン

 

はメリットがあります。

 

クレジットカード決済は、お店側が利用料として2~3%程度

 

クレジットカード会社に支払うシステムになっています。

 

なので、ビットコイン決済であれば、その分の手数料が浮くわけですから、

 

お店側としても有難いわけです。

 

海外ではAmazon,楽天などでもビットコイン決済は導入されていますし、

 

日本でもビックカメラ、エイチアイエスもビットコイン決済を始めています。

 

中央集権型ではない、ビットコインのシステムがお金のやり取りのコストを

 

劇的に削減できるのは、大きく注目されている点です。

 

取引がスピーディーで便利

 

金融機関を通して、お金のやり取りをすると、送金をする時も

 

タイムラグが生じてしまいますよね。

 

海外送金であれば、お金が振込まれるのにも

 

数日かかってしまうこともあります。

 

そのタイムラグをビットコインではほぼなくすことができます。

 

ビットコインは第三機関を介さずに、個人間でやり取りをすることができますし、

 

24時間365日即座に取引のやり取りがスピーディーに行われます。

 

24時間いつでも即座にお金のやり取りを高速ですることができるのは、

 

個人にとっても、企業にとっても便利です。

 

金融政策に左右されない

 

円やドルなどの法定通貨は発行主体があって、発行量も自由自在に

 

調整することができます。

 

すると、インフレやデフレを引き起こし、物価や貨幣の価値も大きく

 

変動することがあります。

 

しかし、ビットコインは管理者(発行主体)が存在しておらず、

 

ビットコインの最大発行量も約2,100万BTCと決められているため、

 

金融政策の影響は受けません。

 

ビットコインで銀行がなくなる!?

 

 

ビットコインだとお金のやり取りにかかる手数料や時間を劇的に

 

削減することができるため、銀行も不要になるんじゃないかとも言われています。

 

世界中の人口は約76億人いますが、そのうち約25億人は銀行を

 

持てないと言われいます。

 

こういった人達は銀行に貯金をしたり、送金をすることができませんでした。

 

しかし、ビットコインは銀行口座はいらず、個人間で直接的にやり取り

 

ができるため、銀行はいらなくなるんじゃないかとなってきたわけです。

 

実際に、銀行側もビットコインがもたらしたブロックチェーンのシステムに

 

危機感を感じて、ブロックチェーンを利用した独自の仮想通貨の開発に力を

 

入れたりと研究に躍起になっています。

 

それほど、ビットコインがもたらした金融システムが凄いということですね。

 

ビットコインを手に入れる方法

 

 

ビットコインについて、できるだけ分かりやすく簡単に説明してきましたが、

 

何となくビットコインがどういったものなのか分かりましたでしょうか?

 

ビットコインは投資対象として日本では人気ですが、

 

ブロックチェーンというシステムが便利で、様々な分野でも

 

役に立つと期待されているため、世界で注目を浴びているわけです。

 

そんな注目されているビットコインを手に入れる方法としては、

 

・個人間でビットコインの受け渡しをする

・取引所で購入をする

・マイニングをしてビットコインをもらう

 

この3つの方法があります。

 

現在、一般的なビットコインの入手方法としては取引所で

 

購入する方法です。

 

マイニングといってビットコインのブロックチェーンを

 

正常に保つための情報の計算に参加すると、新規発行のビットコインが

 

もらえるという方法もありますが、今は個人では難しいです。

 

マイニングについてはこちらで詳しく説明しています。

↓  ↓  ↓

⇒ビットコインのマイニングって何なの?

 

ビットコインを手に入れるなら、国内の大手取引所である、コインチェックや

 

ビットフライヤーで手に入れるのが一般的です。

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。