ビットコインの現在の流通量は?発行枚数が上限に達するとどうなる?

 

ビットコインは円やドルなどとは違い、発行枚数があらかじめ決められています。

 

今回は、ビットコインの流通量や発行枚数が上限に達したらどうなるのかについて

 

ご紹介したいと思います。

 

どれだけ市場に流れているかといったことはビットコインの値動きにも

 

大きく関わってくるので、ある程度知っておいた方がいいでしょう。

 

ビットコインの総発行枚数

 

ビットコインが最終的に発行される枚数は、

 

20,999,999,9769BTCです。

 

これだと数日が細かいので、

 

一般的には2,100万枚と言われることが多いです。

 

現在のビットコインの流通量

 

現時点(2017年10月)では、ビットコインの流通量は約1,630万BTCです。

 

2,100万BTCが全て市場に流通されるのは、2141年頃とされています。

 

ビットコインの取引が記録されるブロックは約10分間で生成され、

 

その取引の承認作業(マイニング)をした人に新規発行されたビットコインは

 

与えられます。

 

マイニングで与えられるビットコインは半減期といって4年周期で半分になって

 

いき、全てのビットコインが発行されるのが2141年頃です。

 

ビットコインの半減期については他の記事でまとめているので、

 

良かったら参考にしてください。

 

⇒ビットコインの半減期って何?

 

発行枚数が上限に達したらどうなる?

 

 

ビットコインの発行枚数が2,100万の上限に達したら、

 

当然新規のビットコインは発行されなくなります。

 

現在は、企業など資金力のある組織が、マイニング業に力を入れて

 

ビットコインを獲得していますが、

 

マイニングでビットコインを得ることもできなくなります。

 

といっても、発行枚数が上限になるのは百何十年後ですので、

 

上限に達した時のことは今生きている私達には関係ない話にはなってきますが・・・

 

しかし、ビットコインが徐々に新規発行されていき、

 

ビットコインの埋蔵量が減っていくのは価格に大きく関係してきます。

 

ビットコインの採掘量が減ると価値は上がる?

 

ビットコインは約4年周期で、マイニングの発掘量は半減していきます。

 

これを金や石油に例えると、取れる量が減るということは希少性が高まり

 

価値も上昇します。

 

ビットコインも金と同じように、採掘量(埋蔵量)は決まっているため、

 

採掘できる量が減れば、価値も上昇する傾向にあります。

 

実際、半減期の度にビットコインの価値が上昇しています。

 

これからどうなるかは分かりませんが、2020年あたりにある

 

3回目の半減期ではまたビットコインの価格上昇がある可能性は

 

高いとされています。

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。