ビットバンク(bitbank.cc)の特徴や評判は?

 

ビットバンクだけでなく、イーサリアム・リップル・ライトコインなどの

 

アルトコインも取引ができるビットバンク(bitbank.cc)

 

他の国内の取引所と何が違うのかビットバンクの特徴や評判について

 

ご紹介したいと思います。

 

ビットバンク(bitbank.cc)とは

 

 

 

ビットバンク(bitbank.cc)はビットバンク株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

 

2014年5月にビットバンクは設立され、資本金は11億3,100万円です。

 

国内最大のポイントサイトである、モッピーやモバトクを運営している

 

株式会社と資本業務提携をしています。

 

ビットバンクはレバレッジ最大20倍の取引ができる「ビットバンクトレード」も

 

運営しています。

 

ビットバンクで取り扱っている仮想通貨

 

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン

 

仮想通貨で一番有名なビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルなど

 

今注目されているアルトコインも取り扱われています。

 

ビットバンクの特徴

 

 

仮想通貨に関する自社メディアを運営

 

 

ビットバンクはビットコインニュースという仮想通貨に

 

関連する最新情報を発信しているメディアを運営しています。

 

情報量が多く、仮想通貨関連のサイトでも国内最大級です。

 

これだけの規模で最新ニュースを発信している国内の取引所はビットバンクくらいです。

 

ビットバンクの取引手数料がマイナス0.05%

 

 

ビットバンクの大きな特徴として、取引板で取引をすると手数料が

 

マイナス0.05%になるということです。

 

つまり、取引板でメイカーとして注文を並べた際に、ボーナスとして

 

0.05%分逆に仮想通貨がもらえるということになります。

 

ビットバンクは板で取引ができる

 

 

ビットバンクは取引板を使って、ビットコインだけでなくアルトコインも

 

取引をすることができます。

 

取引板では、リップルやライトコインなどを「買い板」と「売り板」を見ながら取引ができるため、

 

普通に取引所で購入するよりも安い手数料で取引ができます。

 

板を使った取引は個人間の取引になるので、誰かが売りに出している売りの注文を

 

買うといったことができ、これは手数料が普通よりも安くなるんです。

 

大手取引所のコインチェックでもアルトコインは扱っていますが、

 

ビットバンク(bitbank.cc)で扱っているリップルやライトコインなどのアルトコインで

 

あれば手数料の安いビットバンクで購入するのが手数料が安く済みますね。

 

ビットバンクの評判

 

ビットバンクの評判をツイッターから調査をしてみました。

 

 

ビットバンクはアルトコインの売買におすすめ

 

ビットバンク(bitbank.cc)はイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどの

 

アルトコインの売買を目的とするならおすすめです。

 

オーガー、ジーキャッシュ、ファクト厶などビットバンクでは扱っていない

 

アルトコインはコインチェックでしか今のところ国内では無理ですね。

 

しかし、ビットバンクで扱っているアルトコインであれば、手数料を

 

考えるとビットバンクで取引をしても問題ないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。