バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設方法を解説!

登録者数が700万人を超えた、世界最大の取引所『バイナンス』。

 

日本人に人気で、多くの日本人がバイナンスを利用しています。

 

2BTC以下なら本人確認をしなくても、すぐにでも入出金や売買ができるのも良いところです。

 

今回は、そんな人気の高いバイナンス(Binance)の登録・口座開設方法を順番に解説をしていきます。

 

バイナンス(Binance)の登録方法

 

 

まずはバイナンス(BINANCE)の公式サイトを開き、「Register」をクリックし、登録画面へ移動します。

 

登録画面では、「メールアドレス」「パスワード」「ID」を入力し、「Register」をクリックします。

 

IDに関しては任意なので、入力しなくても大丈夫です。

 

Registerをクリックすると、設定したメールアドレスに確認のメールが届くので、「Verify Email」をクリックします。

 

そうすると、これで登録は完了ですので、早速ログインをします。

 

非常に口座開設が簡単なので、すぐにでも利用できますね。

 

バイナンスにログイン

 

ログイン画面では、登録時に設定したメールアドレスとパスワードを入力し、

「Login」をクリックします。

 

バイナンスのログインではセキュリティのため、パズルをドラッグしてピースを当てはめます。

 

この後、2段階認証を設定していたら、2段階認証のコードを入力して、ログインが完了します。

 

バイナンスのフィッシングサイトなどもあるようなので、しっかりと公式サイトかURLをチェックしてくださいね。

 

ブックマークをしておくなどして対策をしておきましょう。

 

広告などからログインはしないようにしてください。

 

最初のログイン後は、セキュリティに関しての注意事項が表示されるので、全てチェックをして

「I understand continue」をクリックします。

 

これで、バイナンスの入出金や売買ができるようになります。

 

2段階認証は必ず設定しよう

 

バイナンス(BINANCE)の口座開設が完了し、ログインもできたら2段階認証も一緒に必ずやっておきましょう。

 

アプリかSMSでの2段階認証を設定することができるので、忘れずにやっておくとセキュリティが大きく強化されます。

 

2段階認証を行っていないと、盗難の危険性が非常に高くなるので面倒くさがらずにやっておくことが必要ですね。

 

本人確認のやり方

 

バイナンスでは2BTC以下であれば、本人確認は必要なく、簡単な登録だけですぐにでも口座を利用することができます。

 

ですが、2BTC以上資産が増えてくると、本人確認が必要になってきます。

 

本人確認はアカウントページの「Submit Verification Documents」から行うことができます。

 

本人確認の方法は2種類ありますが、「Personal」が一般的なのでこちらでやります。

 

 

Typeは「International」にチェックを入れます。

 

本人確認は免許証かパスポートのどちらかを提出すれば大丈夫です。

 

日本の運転免許証でも大丈夫のようです。

 

必要項目を入力し、本人確認の書類を提出し、審査が通れば2BTCの上限が100BTCまで引き上げられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。