仮想通貨オーガー(REP)とは?特徴と今後の将来性を解説!

 

仮想通貨の中でも特にユニークで異端とも言えるAugur(オーガー)

 

私も個人的に非常に面白いなと思った仮想通貨の1つで、

 

とても興味深いです。

 

Augurとは一体どんな仮想通貨なのか?

 

特徴や今後の将来性についてまとめてみました。

 

Augur(オーガー)とは?

 

Augurは、Bitcoin(ビットコイン) やEthereum(イーサリアム)を利用して動かすことを目的としたプロトコルの一つで、「占い師」を意味する言葉です。

言い方を変えると、未来予測市場のための分散型プロトコルで、オープンソースの未来予測市場のプラットフォームにユーザーが参加し、未来を予測して、その予測が正しければビットコインやイーサーで報酬をもらえます。

また、予測の結果を報告することで、REPという通貨により手数料をもらえる仕組みです。

引用元:コインチェック

 

Augurは管理者(胴元)を置かない未来予測市場で、

 

簡単に言ってしまえば仮想通貨を使ったギャンブルのようなものです。

 

未来の出来事を予測して当たれば、Augurのプラットフォームで使われる

 

REP(Reputation)を報酬としてもらえ、

 

ハズレたら逆にREPを失う仕組みになっています。

 

例えば、野球のAチームが勝つか負けるか予想をして、予想が

 

当たっていればREPを報酬としてもらえ、ハズレればREPは没収されます。

 

管理者(胴元)がいないブックメーカーのようなものですね。

 

胴元がいないということは、公平でコストがかからない未来予測市場となります。

 

 

 

2017年10月31日現在のAugurの時価総額ランキングは30位です。

 

Augurで使われる通貨であるREPの総発行枚数は

 

1,100万枚で既に全て発行されています。

 

Augurの特徴

 

 

イーサリアムのスマートコントラクトを仕組みに使っている

 

Augurには現在時価総額第2位のイーサリアムの「スマートコントラクト」が仕組みに

 

使われています。

 

スマートコントラクトによって賭け事の一連の流れをブロックチェーン上に記録し、

 

自動的に賭け事に関する全てのことを公正に運営してくれます。

 

公正な未来予測市場

 

カジノ、競馬、競輪といったどんな賭け事にも胴元というものは存在します。

 

賭け事というのは胴元が儲かる仕組みになっていますので、

 

胴元に収入はいきますし、公正でないこともしばしばあります。

 

しかし、Augurはそういった胴元・仲介人がいないので、

 

公正な未来予測市場を自動で運営することができます

 

レポーターによる事実認定

 

Augurでは予測に対して、どの予測が正しいのか判定するために

 

「レポーター」という仕組みをとっています。

 

正しい結果を報告すれば報酬としてREPがもらえ、逆に

 

虚偽の結果の報告をすればREPは没収されて減ります。

 

では、どの予測が正しいのか?を判定するには多数決によって

 

決められます。

 

例えば、明日サッカーのAチームとBチームどちらが勝つのかが

 

賭ける対象とします。

 

そして、次の日Aチームが勝ったら、正しい結果は「Aチームの勝ち」ですよね。

 

もしあなたが正直にAチームが勝ったと報告すればほとんどの人は同じ結果を

 

報告するので、報酬としてREPがもらえます。

 

しかし、逆に嘘の結果である「Bチームの勝ち」を報告してしまうと、

 

少数派になりますのでREPが没収されて減少します。

 

こうやって、正しい結果を報告してくれた人にはREPを与えて、

 

嘘の結果を報告する人には罰則のようにREPを減らすことで、

 

不正のない未来予測市場を実現していくわけです。

 

Augurの仕組みは保険にも応用できる

 

Augurは単純にギャンブルとして使われる用途としてだけでなく、

 

保険にも応用することができると言われています。

 

例えば、ガン保険を払っていても、期間内にガンにかからなければ

 

予測は外れたことになり、保険料も没収がされます。

 

しかし、期間内にガンになったら予測が当たったことになり、

 

医者がレポーターとして正しい結果を報告すれば、保険料をもらう

 

ことができます。

 

ガン保険といった医療保険は保険会社(胴元)に対して、

 

病気や怪我になる可能性があるという

 

ことに掛け金を払っているようなものです。

 

ですが、Augurの仕組みを応用することで、

 

保険会社のような仲介人(胴元)を必要とせず、

 

保険料のコストを抑えることもできるようになります。

 

Augur(REP)のこれまでの価格推移

 

 

Augurの初期の価格は1REP=約200円ほどで、2017年10月現在は

 

約2,000円ほどで落ち着いています。

 

イーサリアム、リップル、ネムといった他のアルトコインに比べたら

 

何十倍といった値上がりは見せていません。

 

しかし、最初の頃に比べると10倍は価格が上がっています。

 

Augur(オーガー)の今後の将来性は?

 

 

Augurの今後の将来性についてですが、予測がつきづらいというのが

 

本音です。

 

Augur(REP)は仮想通貨としては非常に個性的で、用途としても

 

いわゆる賭け事(ギャンブル)として現時点で使われています。

 

賭け事というのは国によって規制が全然違いますし、

 

法律によって厳しく禁じている国もあります。

 

保険などの社会インフラに応用できればいいですが、

 

まだまだその実現には遠いような感じです。

 

Augurが世界で普及するための課題としては多く残されていると

 

思いますが、今後の動きも随時チェックしていこうと思います。

 

これからの仮想通貨としての将来性に関しては、まだ他の

 

アルトコインの方が可能性は高いのではないかと現時点では

 

思いますね。

 

Augurを購入できる取引所

 

 

Augurの通貨であるREPは日本では国内大手のコインチェックでしか今のところ購入する

 

ことはできません。

 

コインチェックはAugurだけでなく、将来性が高いと予想されているアルトコインを

 

多く取り扱っています。

 

購入するとしたら、少額から購入してみるといいですね。

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。