暗号通貨とは?法定通貨との違いなど簡単に仕組みを解説します

 

2017年は暗号通貨(仮想通貨)元年とも呼ばれるなど、

 

暗号通貨が世界でも注目され、大きな値上がりを見せています。

 

海外では暗号通貨と呼ぶのが一般的ですが、

 

日本では仮想通貨で浸透していますね。

 

私も仮想通貨と基本的には呼んでいますが、今回は暗号通貨で書くことにします。

 

さて、ビットコインが世間にだんだんと浸透され始めてきて、

 

暗号通貨とは何なのか気になってる人も急に増えてきました。

 

普段使っている円といった法定通貨とどんな違いがあるのか、

 

怪しいものではないのかと疑問も沢山出てきますよね。

 

そこで、今回は暗号通貨とはどういったもので、将来どんな風に

 

利用される未来があるのかを簡単に解説していきたいと思います。

 

暗号通貨の誕生は2009年

 

 

暗号通貨が誕生したのは2009年と、まだ10年も経っていません。

 

最初に発明された暗号通貨こそが一番有名な「ビットコイン」で

 

ナカモト・サトシ氏という論文を元にシステムが構築されました。

 

今沢山の仮想通貨が現れていますが、ビットコイン2.0と言われるように

 

ビットコインの技術を参考に派生しているんです。

 

なので、暗号通貨とはどういったものなのかを理解するには、

 

まずはビットコインの仕組みを知っておくと分かりやすいですね。

 

元祖ビットコインと紙幣の違い

 

ビットコインと円やドルとの主な違いには、

 

発行量が決められている

・管理者がいない非中央集権型

・お金のやり取りの手数料が安い

 

こういった特徴があります。

 

このビットコインの特徴や他の仮想通貨にもほぼ共通する点です。

 

発行量が決められている

 

 

円やドルといった法定通貨は、その国の中央銀行が発行をしていて、

 

上限は特に決められておらず、極端に言えば無限に発行することはできます。

 

そのため、金融政策で一時的に紙幣の流通量を増やしたり、減らしたり

 

とすることもしばしばあります。

 

しかし、ビットコインの発行量は20,999,999,9769BTC

 

とあらかじめ決められています。

 

つまり、金脈に埋まっている「金」のように存在する埋蔵量は決まっていて、

 

それ以上増えることはないということです。

 

無限に増えることはないので、希少性も保たれます。

 

管理者がいない

 

 

円やドルにしても、法定通貨であれば銀行に置かれている中央サーバーに

 

より預けられたお金のやり取りは管理されています。

 

つまり、私達のお金は中央に置かれたサーバーに依存し、

 

そのシステムによって処理や管理をされていることになります。

 

しかし、ビットコインでは特定の管理者がいるわけでもなく、

 

ビットコインの利用者全てで管理をする仕組みになっています。

 

P2Pシステムと呼ばれる個人のネットワーク同士を結び、そして

 

ブロックチェーンという強固なセキュリティシステムで情報を守り

 

管理者がいなくても取引を正常の維持させています。

 

ブロックチェーンに関しては他の記事を参考にしてみてください。

↓ ↓

⇒ブロックチェーン技術の仕組みを解説!

 

このブロックチェーン技術によって、管理者がいなくても

 

不正な取引が行われないようにすることができ、そして

 

コストのかからないお金のやり取りができるようになるんです。

 

お金のやり取りの手数料が激安に

 

 

ビットコインのような暗号通貨には管理者がいないため、

 

円やドルのように情報を管理するためのコストが劇的に少なくなります。

 

そのため、銀行を介してお金のやり取りをすると手数料がかかってしまいますが、

 

暗号通貨であれば手数料がほとんどかかりません。

 

特に、海外送金であれば地域によっては数十%の手数料を法定通貨では

 

取られてしまいますが、暗号通貨であれば数円で済みます。

 

それに、ダイレクトにお金をやり取りすることができるため、

 

銀行だと時間がかかってしまう場合も、ものの数分で取引が完了します。

 

暗号通貨の最大のメリットとしては、この迅速で安いお金のやり取りが

 

できる点と言えるでしょう。

暗号通貨の最先端であるアルトコイン

 

 

暗号通貨は円やドルと比べても、非常に取引のスピードやコストの

 

面で優れていて、それが既存の金融システムを覆す力を秘めています。

 

実際、世界の大手銀行(JPモルガンなど)も暗号通貨のシステムを取り入れ始めるなど、

 

金融業界も見過ごせないところまできているんです。

 

また、元祖暗号通貨であるビットコインも60万円代まで伸びていますし、

 

最近ではビットコインの進化バージョンでもあるアルトコインも続々と出てきています。

 

ビットコインのブロックチェーンを元によりセキュリティ面で優れたものや、

 

取引のスピード・コストを更に抑えたものなど、最先端の技術を使った暗号通貨

 

が注目を浴びてきています。

 

イーサリアムやリップル、ネムといったアルトコインが数十倍に1年で値上がり

 

しているため、それだけ価値が高まってきていると言えます。

 

暗号通貨が既存の金融システムを覆すのではないかと、仕組みを

 

知っているとその可能性を感じてしまいます。

 

暗号通貨はまさに最先端のテクノロジーで作られたもので、

 

決して怪しくはなく、私達の生活に便利なものになると個人的には思っています。

 

もっと、仮想通貨について勉強したいという方は、

 

当サイト限定無料メルマガ配信中!

 

 

現在、当サイトでは仮想通貨投資を学びたいという方のために、

 

無料メルマガを配信しています。

 

初心者でも学べるように基礎知識から解説しており、

 

また仮想通貨の最新情報も随時お伝えしています。

 

読者様限定で、ビットコインやアルトコインを無料でもらえる裏ワザ

 

もお教えしているので、ぜひご活用ください。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。