ADAコイン(エイダコイン)とは?今後の将来性はあるの?

 

良くも悪くも話題となっていたADAコインですが、

 

bittrexに上場した途端に一時40倍の高騰を見せました。

 

今回は、今注目されている仮想通貨の1つであるADAコインについて

 

まとめてみました。

 

果たして、今後の将来性はある仮想通貨なのでしょうか?

 

ADAコインとは?

↑ADAコインについての解説

 

ADA(エイダ)コインはカルダノというオンラインカジノの

 

分散型プラットフォームに使われる通貨です。

 

ADAコインが以前から話題となっていたのは、

 

あの天才数学者である「チャールズ・ホスキンソン」氏が

 

カルダノとADAコインに開発に携わっていたからです。

 

 

チャールズ・ホスキンソン氏は現在時価総額2位のイーサリアムの

 

開発者・元CEOで、ビットシェアーズの設立者でもある、仮想通貨の

 

第一人者です。

 

仮想通貨業界の有名人が開発しただけあって、大きな注目を浴びると

 

同時に、宣伝が日本で過剰気味だったので「詐欺なのではないか」と

 

悪い意味でも話題になっていました。

 

しかし、2017年10月に上場し、海外大手取引所であるBittrexで

 

取り扱われた途端、40倍以上の高騰を一時見せました。

 

散々怪しいと言われいましたが、今ではそういった声も

 

なくなってきて、期待されている仮想通貨の1つになっています。

 

Cardano(カルダノ)の特徴

 

ADAコインはオンラインゲームの分散型プラットフォームである、

 

Cardano(カルダノ)で使われるトークン(仮想通貨)ということでした。

 

ということは、ADAコインの普及や価値が高まるのには

 

カルダノが世界で利用されるようになることが重要になってきますが、

 

カルダノはどういった価値をもたらしてくれるのか特徴をまとめてみました。

 

不正のないフェアなゲームに参加できる

 

 

カジノ・競馬・パチンコといったあらゆるギャンブルには、胴元

 

が存在し、胴元が必ず儲かるようになっています。

 

ギャンブルで勝つ人ばかりだと儲けがなくなるので、

 

そういう仕組みになってしまうのは当然と言えば当然です。

 

そして、オンラインカジノ・ギャンブルにおいても胴元が

 

コントロールをし、不正をすることは可能です。

 

それだとゲーム参加者は胴元の不正に搾取をされフェアなゲーム

 

ができないこともあるということです。

 

それをなくすことができるのが、カルダノのシステムです。

 

カルダノはスマートコントラクトやオラクルを組み込み、

 

ブロックチェーン上で管理をすることができるため、

 

コントロールができる胴元も存在しません。

 

そのため、不正にゲームをコントロールがされないフェアな

 

ゲームにユーザーは安心して参加することができます。

 

これによって、オンラインカジノに対しての障壁も少なく

 

なります。

 

誰でもゲームをカルダノに提供できる

 

 

契約をブロックチェーン上で管理するスマートコントラクトや、

 

その判断材料となるオラクルによって違法な資金の移動が起こらない

 

仕組みになっています。

 

そのため、カルダノでは運営者だけがゲームを提供するのではなく、

 

企業や開発ノウハウがあれば個人でもゲームを載せることができます。

 

誰でもゲームを載せることができるので、大きなカジノタウンが

 

カルダノプラットフォームに作られるイメージです。

 

例えば、「自分の好きな店」「人気がある店」「友達に誘われた店 」など、

 

好きなお店に参加することができるようになります。

 

また、管理者がいないブロックチェーン上のプラットフォームなので、

 

ゲームを提供するにしても、多額の手数料を取られるといったこともありません。

ADAコインの長期チャート




 

ADAコインはプレセールの時は約0,2円で、上場してすぐにBittrexに

 

取り扱われ、約10円まで一時的に高騰しました。

 

プレセールの時から約40倍に値上がりしましたが、高騰と同時に

 

短期投資家による大量の売りで、すぐさま下落しています。

 

これは仮想通貨あるあるで想定内の出来事ではありますね。

 

現在は1ADA=約3円ほどで落ち着いています。

 

ADAコインの今後の将来性は?

 

 

ADAコインは詐欺と過去に言われていましたが、

 

上場してすぐに時価総額ランキングの上位に踊り出ています。

 

現在はCardano(ADAコイン)の時価総額は14位と数ある

 

仮想通貨の中でも期待がされていることがわかります。

 

オンラインゲーム・ギャンブルの市場はとてつもなく大きく、

 

カルダノが提供するサービスはユーザーや参入する企業にとっても

 

メリットが多く今後の将来性があるものだと思っています。

 

個人的にも非常に面白い分野だと思っているので、

 

2018年はどうなっていくのかADAコインの今後の動きを追っていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。