2018年のイーサリアムを勝手に予想してみた

 

仮想通貨元年と呼ばれた2017年は仮想通貨市場が爆発的に拡大した年でした。

 

アルトコインの代表的な存在であるイーサリアムも桁が何個も変わるほどの高騰を繰り返し、ビットコインだけではなく大きな存在感を見せましたね。

 

2017年も十分過ぎるほどの成長を見せているイーサリアムですが、2018年はどうなっていくのでしょうか?

 

イーサリアムの将来性の面から勝手に2018年のイーサリアムを予想(妄想)してみました。

 

あくまでも個人的な意見ですので、参考程度に捉えておいてくださいね。

 

2017年のイーサリアムを振り返り

 

 

2017年3月からの長期チャートになりますが、イーサリアムが右肩上がりに大きく値上がりしているのが分かるかと思います。

 

2017年1月は約1000円でしたが、12月の年末には約9万円まで上がっています。

 

一瞬10万円までいっているので、1年の間で約100倍も価格が上がったということですね。

 

2018年こそがイーサリアムの時代の幕開け?

 

 

2017年はビットコインが目立ち、世間一般の認知も得ましたが、2018年はビットコインよりもイーサリアムが評価される年になるのかと個人的には思っています。

 

投機対象としてのビットコインは人気ですが、最近はビットコインの送金詰まりや送金手数料の上昇など問題点が露見してきており、決済や送金手段としては不適切なものとなってきています。

 

ライトニングネットワークといったスケーラビリティ問題を解決させるための動きもありますが、いまのところは解決はされていません。

 

一方で、イーサリアムはアップデートが今後も控えており、仮想通貨としての機能がどんどん進化をしていきます。

 

「セレニティ」というアルゴリズムがPoW(プルーフオブワーク)からPoS(プルーフオブステーク)ヘと変わる大規模なアップデートにも期待が高まっています。

 

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の代替システムにあたるものであり、コインを持っている割合(Stake)で、ブロックの承認の割合を決めることを基本としています。これは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)についての問題点である、

1.セキュリティを維持するための、長期的な電気代等の取引手数料、

2.マイニングの中央集権化と企業支配傾向の増加、

3.マイナーとビットコインホルダー間の利害の相違、

といった問題を解決します。

 

2018年にビットコインを超えるということは難しいかもしれませんが、イーサリアムを始めとしたアルトコインが更なる注目を浴びて躍進する年になるのではないかと考えています。

 

年初めには最高値11万円を突破

 

 

他の仮想通貨も軒並み値上がりを見せていますが、イーサリアムも年始早々に最高値の11万円を突破しています。

 

1年前には10万円なんていくわけがないと言う人も多かったので、驚かれている方も多かったのではないでしょうか?

 

更に上がるという予想も出ていますが、仮想通貨業界ではあり得る話です。

 

AI「ウェブボット」の予想

 

度々、仮想通貨の予測プログラムである「ウェブボット」についてこのブログでも書いていますが、イーサリアムにつても予想が出ています。

 

AIって聞くとなんか信憑性が薄く聞こえますが、ウェブボットは結構予測を当てているので、無視はできない重要な情報になっています。

 

仮想通貨業界だけでなく、投資の世界では専門家よりもAIの方が信憑性はあると言っている人も増えてきています。

 

それだけ、精度が上がってきているということですね。

 

一応、頭の中には入れておいたほうがいいでしょう。

 

・上昇はするが、他のアルトコインよりかは値動きが穏やか

・低迷と信頼回復に苦しむメディアがETHを持ち上げ一時的に急騰する場面もある

・来年の2018年イーサをプラットフォームにしたビジネスが多数始まるがプログラマー不足が露呈する。

 

こういった予想が出ているようです。

 

まとめ

 

仮想通貨の市場自体が2018年は更に拡大していく(特にアルトコイン)と予想されるため、イーサリアムも今後伸びていくとは個人的には思います。

 

最近では、リップルが急成長を遂げており、時価総額ランキングでも抜かされていますがイーサリアムも追いつけるように頑張って欲しいですね。

 

イーサリアムを購入できるところ

 

イーサリアムの売買ができる取引所・販売所は国内に何個かありますが、

 

手数料の面で言えば、GMOコインはうまく使っていきたい販売所です。

 

コインチェックは国内でも有名で使っている方も多いかと思いますが、

 

スプレッド(手数料)が高いのがネックです。

 

GMOコインの方がイーサリアムやリップル、ビットコインキャッシャなどの

アルトコインの売買が安くできます。

 

登録自体は無料なので、一度チェックしてみてください。

↓  ↓  ↓

⇒GMOコインの無料登録はこちら!

 

注意
スプレッドが変動制に現在は変わっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。