ビットコインキャッシュ(BCH)とは?いくらまで上がるのか?

 

8月にビットコインがハードフォーク(分裂)し、

 

新しく「ビットコインキャッシュ(BCH)」が生まれました。

 

ビットキャッシュに分裂した背景や意味を知っている人ならいいですが、

 

仮想通貨初心者であれば、ビットコインとの違いもよく分からないと思います。

 

そこで、ビットコインキャッシュとは何のなのか簡単にご紹介していきます。

 

また、今後のビットコインキャッシュの将来性や

 

いくらまで上がるのかといった予想についても触れていこうと思います。

 

ビットコインキャッシュって何?ビットコインとの違いは?

 

まず、最初に言っておきたいのは、ビットコインキャッシュは

 

BitCash(ビットキャッシュ)とは全くの別物です!

 

 

名前が似ているので、私の友達でもビットコインキャッシュを電子マネーの

 

ビットキャッシュと勘違いしている人がいました・・・

 

まぁ、それはされておき、ビットコインキャッシュとはどういったものなのか

 

解説していきます。

 

ビットコインキャッシュはざっくり言ってしまえば、

 

ビットコインのブロックチェーンから枝分かれして派生した、

 

ビットコインとは違う新しい仮想通貨です。

 

仮想通貨初心者の方は、とりあえずビットコインとは違う

 

仮想通貨であるという認識で良いです。

 

枝分かれしてしまうことをハードフォーク(分裂)と言うのですが、

 

なぜ分裂する必要があったのか、ビットコインキャッシュが誕生した

 

のにはある背景があります。

 

ビットコインキャッシュに分裂したのはどうして?

 

これまでのビットコインのブロックサイズは1MBと上限が決まっています。

 

ビットコインの価格上昇や取引量の増加によって、ブロックサイズが1MBでは

 

処理が追いつかなくなり、送金の遅延などが起こってしまうようになりました。

 

このスケーラビリティの問題を解決するためにも、

 

一部のビットコインマイナーによってビットコインキャッシュは作られました。

 

要は、ビットコインが世界で注目されるようになり、取引が追い付かなくなって

 

きて、その改善策の1つとしてビットコインキャッシュが生まれたわけです。

 

ちなみに、ビットコインはビットコインゴールド(BTG)という仮想通貨にも

 

ハードフォーク(分裂)することが予定されています。

↓ ↓

⇒ビットコインゴールドとは?分かりやすく解説!

 

ビットコインキャッシュとビットコインとの違い

 

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)との違いとしては、

 

・ブロックサイズを1MBから8MBに拡大

・ハードルウォレットのセキュリティの向上

 

こういった点があります。

 

特に、ビットコインよりもブロックサイズが8倍に拡大したため、

 

ビットコインが抱えていた取引の遅延の解決が期待されます。

 

ビットコインキャッシュはビットコインを元に派生したものではありますが、

 

互換性はなく、アルトコインなどのように全く新しい仮想通貨として考えます。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)のこれまでの価格推移

 

 

数か月しかまだチャートはありませんが、10月時点では1BCH=約39,000円と

 

ここ1ヶ月で値下がりが激しいのが現状です。

 

これは中国での規制や新たなハードフォークが騒がれているのが1つの

 

原因となっていると思います。

 

しかし、まだでたばかりの仮想通貨なので、

 

この短い期間だけで判断するのは早計でしょう。

 

ビットコインキャッシュの今後の将来性は?

 

ビットコインキャッシュ(BCH)で気になるのが、

 

今後これから価格が上がるのか?ということですよね。

 

しかし、8月に誕生したばかりで、

 

まだ何とも言えないというのが正直なところです。

 

ブロックサイズは元祖ビットコインよりも8倍に拡張していますが、

 

有用性など、今後のビットコインキャッシュの立ち位置がどうなるのか

 

を注意深く見えていく必要がありそうです。

 

ビットコインゴールドなど、まだハードフォーク(分裂)が残されて

 

いるので、その影響がどれだけ出るかも重要となってきそうです。

 

今後いくらまで上がるのか気になるところですが、

 

すぐにグンと上がるようなことは今のところなさそうです。

 

とりあえず、動向を見て慎重に判断していきたいと思います。

 

ビットコインキャッシュを購入できる取引所

 

ビットコインキャッシュを扱っている取引所はいくつかありますが、

 

国内大手のビットフライヤーだと最大500万円の補償がついていて安心です。

 

まずは、少額から購入しておくのがいいでしょう。

 

⇒ビットフライヤーの登録方法

 

現在、期間限定で

□ビットコインが無料でもらえる方法
□初心者でも仮想通貨の全部がこれ1冊で分かるレポート

を無料でプレゼントしています^^

期間限定ですので、お早めに入手してください。 
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓  ↓

 

 

コメントを残す